意外に見落としがちなメンテナンスパーツとなる「エアクリーナー」、交換していますか? いつ交換したか覚えていない……。そんな人に交換時期やタイミング、寿命や洗浄方法などカンタンに解説いたします。

エアクリーナー(エアフィルター)とは?

エンジンへの空気をろ過するフィルターのこと

出典:pixabay

エアクリーナーとは一体なに? そんな人も少なくない重要パーツとなるエアクリーナー(エアフィルター)。エアクリーナーとは、ガソリンと一緒に混合されてとりこまれる空気をろ過する装置のこと。

そもそもエンジンはガソリンを燃焼するための空気が必要になります。空気は外気から取り込む構造になっており、その外気には多くの不純物が含まれます。不純物を取り込んでしまうとエンジン内部をキズつけてしまうことも……。そのためそれら不純物をエンジンに取り込む前にフィルターを通してろ過する必要があるのです。

エアクリーナーの種類と形状タイプ

乾式(ドライ)と湿潤式(ウェット)とビスカス式の3種類

出典:pixabay

エアクリーナー(エアフィルター)には乾式となる(ドライ)と湿潤式(ウェット)の2種類が存在します。乾式とは、乾燥したフィルターを採用したもの。紙や不織布などで織り込まれており通気性がよくフィルターそのものでホコリを取り除く仕組み。洗浄は基本的にエアーで洗浄する程度。汚れがひどい場合は交換が基本になります。

湿潤式とは、二重構造のウレタンスポンジにオイルをしみ込ませたもの。フィルターでろ過すると同時にオイルで吸着する構造のため高いろ過性能が見込めます。また乾式とは違い水洗いすることで繰り返し使えるところがメリット。洗浄後はオイルをしみこませればOK。

ビスカス式とは、オイルをしみ込ませたろ過紙を使ったフィルター方式のこと。通気性が高くそれでいてホコリや砂、水分などを吸着でき、比較的長期間使用できることがメリット。

形状は純正交換とキノコ型の2タイプ|走行メインならキノコ型

エアクリーナーのタイプは大きくわけて2タイプ。ひとつがエアクリーナーボックス内に装着されている純正交換タイプ。交換時期が来たら新しいものに交換するだけ。カー用品店などでも販売されており入手性のよさが最大のアドバンテージ。

もうひとつがキノコ型タイプ。レース車やチューニングカーなどで目にしたこともあるのでは。キノコ型のエアクリーナーは、純正のエアクリーナーボックスを取り除き装着します。純正タイプとくらべ空気の取り込み量が増えるためパワーアップが期待できるところがキノコタイプのメリットでしょう。
だだし純正タイプと違いボックスを取り除くため、きちんとした空気の流れを理解しなければ意味がありません。きちんと空気を吸っていること、そして冷えた空気を吸っていることを意識する必要があるのです。

交換時期や交換するタイミング

交換目安は3万km程度☆車検毎の交換が理想的

出典:pixabay

交換の目安は大体3万km程度が一般的。メーカーや車種によってかわってきますがそれくらいを基準に考えておくのがベター。交換するタイミングについては車検をひとつの目安にするのがおすすめです。価格も2,000円から3,000円程度のものですので車検毎に交換すれば忘れることはありませんね。

交換を怠ると空気の吸入量が減り出力低下を引き起こす

もし交換を忘れているならホコリや塵でふさがれているかも……。フィルターが目詰まりしていると空気の吸入量が減り本来のパワーやトルクが低下してしまいます。結果エンジン本来のパフォーマンスが出せなくなるということ。またエンジン性能の低下以外にも燃費の悪化などにもつながりますので定期的な交換をこころがけましょう。

目詰まりの無い綺麗なフィルターで酸欠防止がGood

出典:pixabay

フィルターが目詰まりしているとエンジンが酸欠状態に……。せっかくチューニングしていてもこれでは意味がありませんね。エンジンオイルやフィルター同様、定期的な交換が必要になるエアクリーナー(エアフィルター)。最近すこしエンジンの調子が…… って感じるならば、エアクリーナーをチェックする価値はあるのかも。比較的アクセスしやすい場所に設置されているので、時間があるときにチェックしてみてはいかがでしょうか。