近年人気上々のオールシーズンタイヤ。すこし前なら見向きもされないカテゴリーでしたが、最近では性能向上により使えるシーンが増えたことで大人気。そこでオールシーズンタイヤの特徴や寿命、メリットやデメリットなどカンタンに解説いたします。

オールシーズンタイヤとは

暑い夏場でも冬の雪上でも使えるタイヤのこと

出典:pixabay

夏にはサマータイヤ、冬ならスタッドレスに履き替えという人は多いですよね。でも、スタッドレスに履き替えるまでもないなんてことも少ないないはず。そんな人にベストなカテゴリーがいま人気の「オールシーズンタイヤ」。オールシーズンタイヤとは、真夏の高速道路でも、冬場の雪道でも一年を通して使用できるタイヤのこと。

スタッドレスタイヤは、雪道だけのために考えられたタイヤに対して、オールシーズンタイヤは、「雪道でも走れるタイヤ」になるのです。そのため豪雪やアイスバーンなどのコテコテの雪道には適さず、軽微な雪道なら走れるというもの。急な雪でもサマータイヤのように慌てることなく乗りきることができるのです。

オールシーズンタイヤの特徴や性能は?

ドライ路面から圧雪シーンまで利用が可能

出典:pixabay

オールシーズンタイヤの特徴といえば、やはり四季を通して利用てきるところ。性能的にはサマータイヤとスタッドレスタイヤの中間に位置するイメージ。サマータイヤ寄りの冬でも硬くなりにくい素材を採用し、スタッドレスほどサイプが多くないのが特徴的。そのためドライ路面の走行もできれば、圧雪やシャーベット状の雪道まで幅広く利用ができるのです。

ただし凍結したアイスバーンなどではスタッドレスタイヤの利用が◎。急な降雪時でもチェーン装着なく乗りきれるところが最大の特徴でしょう。なによりドライ路面から圧雪シーンまで対応できるタイヤは意味魅力的ですね。

寿命ってどれくらい? 交換時期の目安は?

プラットフォーム出現の残り溝50%で交換

出典:pixabay

一般的にサマータイヤの寿命が5年程度、スタッドレスタイヤの寿命が3年程度といわれています。しかし使いかたや用途によって変わってくるため、メーカーでも期間的な寿命を謳っていないのが現状です。オールシーズンタイヤの場合は、シーズンタイヤにくらべて通年使用することになるため、使いかたによってはそれ以上に摩耗が早い場合も考えられます。

そのためオールシーズンタイヤの場合は、硬さや劣化具合をチェックするとともに、スタッドレスタイヤ同様に残り溝が50%となったら交換するようにしてください。期間的な寿命は、サマータイヤとスタッドレスの間程度と考えておくのがいいのかもしれません。

オールシーズンタイヤのメリットとデメリット

メリット

オールシーズンタイヤのメリットのひとつがチェーン規制区間でも走行ができるところ。そのためタイヤには「スノーフレークマーク」がついています。スノーフレークマークとは、米国試験材料協会にて寒冷地でも十分な性能が認められた規格のこと。そのため高速道路などでのチェーン規制をクリアできるのです。ただしチェーンそのものを装着を義務づけられたエリアではNGの場合もあるので注意してくださいね。

またそれ以外にもシーズンタイヤへの交換の必要がないのは大きなメリット。使いかたによってはコストメリットがでる場合も少なくありません。タイヤ保管の手間やコストも視野に入れると違いがわかりやすいはず。

デメリット

デメリットとしては、サマータイヤ、スタッドレスタイヤ、それぞれのパフォーマンスを求めるることができないところ。サマータイヤにくらべブロックが柔く夏場のワインディング性能を求めることができなければ、冬場のアイスバーンでの利用もNG。走行ノイズもそれなりに発生するため気になる人もいるかもしれませんね。

一年を通して利用できるバランス感が魅力的

出典:pixabay

年々性能が向上していることもあり、人気急上昇のオールシーズンタイヤ。利用用途にフィットするなら使ってみる価値ありそうですね。とはいっても過信は禁物。それぞれにパフォーマンスを求めるなら、いままで通りの使いわけも必要でしょう。自分のライフスタイルにあっている人なら魅力的なタイヤになるはず。タイヤメーカーにより味付けも変わってくるため、気になる人は各種メーカーサイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。