ミラー型ドラレコで人気を集めるAUTO-VOXから、「X1pro」の後継となる「V5」のいいとこ取りモデル「V5pro」が発売。ブラッシュアップモデルとして完成度の高い純正ミラー交換タイプのドラレコに仕上がっています。(商品提供:AUTO-VOX)

純正ミラー交換タイプだから超シンプルで美しい

歴代モデルのウィークポイントを見事に改善

ミラー型ドラレコで定評のあるAUTO-VOXから、最新モデルとなる「V5pro」が発売されました。このモデルの最大の魅力はやはり純正ミラー交換タイプというところ。

一般的なミラー型ドラレコの場合、ミラーに被せる形で取り付ける仕組みとなっています。気軽に取り付けられることがメリットではありますが、より見栄えにこだわりたいならステーごと交換できるタイプが一押し。

AUTO-VOXでは、以前より純正ミラー交換タイプの「X1pro」を発売していましたが、ミラー取り付けモデル「V5」のいい所を取り込み、さらにブラッシュアップさせたのが「V5pro」になるのです。

立ち振る舞いは純正ミラーそのもの♡スマートさNo1

右側走行の日本だからやっぱり右ハンドル専用がいい

最近街でも目にする機会が増えたミラー型ドラレコですが、まだまだ左カメラの商品が多く見られます。右ハンドルの日本だけに、カメラは右側にあってほしいですよね。なぜならミラー裏に搭載されたカメラの位置が右側にあるほど、ドライバー目線で記録ができるのからです。

一般的なフロントガラス装着タイプのドラレコとは違い視線の邪魔になりにくいミラー型ドラレコだからこそ右側カメラが成立するアドバンテージといえますね。

ステーごと交換できるから素晴らしい!!

もはや純正ドラレコっていいたくなるクオリティ

「AUTO-VOX V5pro」でまず最初に目に入るのが、ステーが一体になったそのボディ構造。一見すると普通のルームミラーに見えますが、裏側にきちんとカメラが搭載されています。

ステーの質感もよく、ネック部も非常にシッカリとしていて高級感漂う作り込み。被せるタイプのミラー型ドラレコの場合、受け側ミラーのネックが柔らかいとその重さでお辞儀してしまうことも……。ステーから交換できる「V5pro」についてはその心配がないのもメリットですね。

相変らずの見やすい高画質液晶♡前後フルHDカメラ搭載が◎

「SONY製 IMX307センサー」がキレイをサポート

前最新モデルの「V5」同様に高画質液晶の「V5pro」。色合いといい精細さといい文句なしの仕上がりです。ミラー型ドラレコの場合、ルームミラーとして利用できるだけに非常に重要なポイントなのです。

搭載されたカメラは前後ともフルHD。さらに「SONY製 IMX307センサー」を採用していることもあり高精細な記録が可能。リアのナンバーもハッキリと読み取ることができるのは、レンズ、センサーそして液晶のバランスが取れているからこそ。印象としては純正ミラー以上のポテンシャルというところ。

出典:Amazon【AUTO-VOX v5pro】

日本の道路事情を考慮したフロント右側カメラ配置

車外取り付けも安心なIP68防水対応リアカメラ

やはり日本の道路事情を考えれば、右サイドに配置されたカメラは非常に有効ですね。ドライバー視点だけではなく、ミラーの向きをドライバーに合わせても、右側であればほぼ正面を向いてくれるのです。カメラ側での微調整もできるのでキッチリ合わせられます。

またリアカメラについては、IP68防水対応のため車外設置も問題なし。2種類のステーが付属されており、ナンバープレートでもリアガラスでも装着可能。クルマの形状や取り付け位置に合わせてセレクトできますよ。

明るさ自動調整機能は健在|画面タッチで多くの操作が可能

最新2.5D円弧ガラスでスムーズな操作感を実現

「V5」と「V5pro」の比較

ミラー型ドラレコだけに明るさの自動調整機能は必需品。外部の明るさを認識し液晶の発光を調整してくれるのです。明るい昼には暗すぎず、暗い夜は明るすぎることなく自然な光量が維持されます。

画面操作はもちろんタッチ操作でOK。操作感は「V5」同様でとてもスムーズ。たまに動作が遅れることもありますが違和感を感じることは少ないはず。9.35インチの大画面モニターは、ミラー型ドラレコの最大の魅力といえるでしょう。

前モデルの「V5」と機能はほぼ同様ですが、カメラがスライドしない分、「V5pro」の方がスマートが感じられます。

駐車中もきちんと記録|自動オンに自動オフ

出典:Amazon【AUTO-VOX v5pro】

「V5」同様に駐車監視機能は見逃せません。駐車中、衝撃を検知すると自動で録画を開始。30秒間録画をつづけ、その後自動で電源オフ。駐車場で起こるいたずらや事故などもきちんと記録してくれるのです。買い物先のスーパーでも旅行先のホテルでも安心して止められますね。

「V5」のウィークポイントを見事に改善

ミラー取り付けモデル「V5」の最大のウィークポイントが上部からの配線……。シガーソケットへの電源プラグにリアカメラケーブルプラグ、そしてGPSモジュールプラグの3本。ミラー取り付けタイプだけにやむ負えませんがビジュアル的に……。

それに対して「V5pro」は、背面からのケーブル1本のみで、それぞれに分配される仕組み。ケーブルが少なく非常にシンプルになったのはインパクトありますね。

必要十分なスペックで満足度の高い仕上がり

出典:Amazon【AUTO-VOX v5pro】

「V5」の後継モデルだけに搭載スペックは必要十分。LED信号対策はもちろん、地デジやナビなどエレクトロニクス機器との干渉を抑えたノイズ対策済み。GPSモジュールを接続すれば走行ルートや日時など詳細な記録が可能になります。事実関係を証明するにはGPSは欠かせない機能のひとつ。

それらログは映像と同時に記録されるので意識する必要ありません。前モデル同様の自動生成ソフトも健在ですので、MicroSDカードをPCに差し込めばインストール環境が整います。

出典:Amazon【AUTO-VOX v5pro】
出典:Amazon【AUTO-VOX v5pro】

さらに駐車支援機能があるのも忘れてはいけません。配線をバックランプに接続することで、バックギアに入れるとガイドラインが出現。画面上で車種に応じた長さや角度の調整も可能。バックの苦手な人にはあると便利な機能ですね。

  • フロントカメラ 1080P 27.5fps/720P 27.5fps
  • フロントカメラ 対角145°
  • リアカメラ AHD(1080P)25fps
  • リアカメラ 対角145°
  • 9.35インチ2.5D円弧ガラス カラータッチパネル液晶
  • Gセンサー 3軸加速度センサー
  • LED信号対応
  • ノイズ対策済み
  • GPS付属
  • 駐車監視機能
  • バックガイドライン表示
  • PCビューア

取り付けは超簡単♡専用アダプターでジョイントするだけ

交換タイプだから純正を抜いて「V5pro」をポンッ!

純正ミラー交換タイプの「V5pro」は、取り付けも非常に簡単。純正ミラーをとりはずし、付属のアダプターを交換し取り付けるだけ。アダプターは多くの機種に対応しており、トヨタ・ホンダ・マツダ・スバル・三菱・日産に対応するとのこと。

取り付けミラーがウェッジマウント仕様の場合、型番が「Murakami」の「7227」か「7225」であれば直接設置ができるそう。それ以外でアダプターで適合できるか不安な場合はAmazonサイトのAUTO-BOXサポート窓口に確認してみてくださいね。

電源は専用ケーブルでヒューズから供給。アクセサリーヒューズあたりが一般的でしょう。但し付属のヒューズは低背タイプとなるため、別途車種に合ったヒューズを調達する必要があります。リアカメラもGPSもケーブルにジョイントさせるだけですのでとても簡単。

一点気を付けるポイントとして、ACCとGNDだけでは通電しないため、常時電源コードの接続を忘れずに。それ以外は日本語の説明書がありますので悩むことは少ないと思います。

フューチャー感満載の次世代ミラー型ドラレコ

AUTO-BOX V5 pro

おすすめポイント

・純正ミラー交換タイプだからスマート設置
・定評のある高画質でハッキリクッキリ記録可能
・前機種で養ったブラッシュアップモデル

クルマに溶け込む一体感あるビジュアルが素敵すぎ

前機種の「V5」でも非常に満足度の高いドラレコでしたが、一体感という意味ではそれを凌ぐ仕上りとなる「V5pro」。純正さながらに溶け込む雰囲気はもはや無敵かも。配線が考慮されたスマートなデザインがとても素敵です。ミラーに取り付ける「V5」か、ミラーごとスタイリッシュに交換できる「V5pro」か悩ましいところですね。もちろん「X1pro」ユーザーなら、すぐにでも「AUTO-BOX V5pro」へのアップグレードをおすすめします。

商品提供:AUTO-VOX