エコカーへの乗り換えがスタンダードな時代ではありますが、いまのクルマに乗り続けるぞって人も多いはず。結果的にそちらの方がエコロジーに思えなくも……。でも、なぜか13年を超えると自動車税が増税に…..。そこで、ちょっと疑問な自動車税の仕組みをわかりやすく解説いたします。

自動車税とは? どんな仕組みの税金なの?

毎年4月1日時点のクルマの所有者に課せられる税金のこと

出典:pixabay

クルマ好きなら毎年5月頃になると自動車税の通知を意識するようになるものです。そもそも自動車税って一体なんのことなのでしょうか。自動車税とは、毎年4月1日時点でクルマを所有している人に義務付けられた税金であり1年間分を納付する仕組み。納付額は排気量に応じて課税され、エンジン排気量が500cc増えるごとに上乗せされる計算になります。

自動車税は2019年10月1日から新制度が適用されており、それまでに所有しているクルマと、それ以降に所有したクルマでは納税額が変っているのも覚えておきましょう。

早見表

排気量2019年9月30日以前の新車登録車2019年10月1日以降の新車登録車
軽自動車10,800円10,800円
1,000cc以下29,500円25,000円
1,000cc~1,500cc以下34,500円30,500円
1,500cc~2,000cc以下39,500円36,000円
2,000cc~2,500cc以下45,000円43,500円
2,500cc~3,000cc以下51.000円50,000円
3,000cc~3,500cc以下58,000円57,000円
3,500cc~4,000cc以下66,500円65,500円
4,000cc~4,500cc以下76,500円75,500円
4,500cc~6,000cc以下88,000円87,000円
6,000cc以上111,000円110,000円

なぜ? 13年を経過したクルマは15%増税なの!?

軽自動車だって13年を過ぎると12,900円にアップする

出典:pixabay

自動車税はクルマを所有する人の義務。でも、13年を経過するクルマについては増税されることご存じですか? 「13年なんて乗らないから関係ない」って思っているかもしれませんが、中古で購入したクルマがその対象ってことも……。なぜなら新車登録から13年を経過したクルマが対象になるからです。

そもそもこの制度は、「グリーン化税制」といわれる地球環境を踏まえた特例措置のこと。ようするに古いクルマは排気ガスいっぱい出すでしょ? って理由。だからエコなクルマを購入してって話なのです。でも短期でクルマを買い換えるより、末永く長く乗りつづける方がエコな気も……。
環境にやさしいクルマの普及活動と考えるべきなのでしょうね。

早見表

排気量新車登録から13年以上経過
軽自動車12,900円
1,000cc以下33,900円
1,000cc~1,500cc以下39,600円
1,500cc~2,000cc以下45,400円
2,000cc~2,500cc以下51,700円
2,500cc~3,000cc以下58,600円
3,000cc~3,500cc以下66,700円
3,500cc~4,000cc以下76,400円
4,000cc~4,500cc以下87,900円
4,500cc~6,000cc以下101,200円
6,000cc以上12,7600円

ハイブリッド車は13年経過しても増税されない

13年を経過すると増税される自動車税ですが、ハイブリッド車であればその対象にはなりません。そもそもエコなクルマに仕上がっているのがその理由。バッテリーの寿命などを考えるとそればかりとは思えませんが……。いずれも13年以上乗り続けるならハイブリッド車がお得ということです。

増税も重要だけど好きなクルマに乗り続けるカッコよさ!!

出典:pixabay

13年経過を目前に買換えも視野に……。でも好きなクルマを末永く乗り続けるってカッコいいですよね。ナンバーの「分類番号」を見て、「この人ずいぶん長く乗ってるな!」って思われる優越感はその人のみが味わえるよろこび。増税は大きな課題ですが、同じクルマを長年所有するってちょっとしたステータスなのかも。そう思うともうすこし乗りたくなりますよね。