iPhoneユーザーなら聞いたことがある機能のひとつに「Car Play」があると思います。でもまだ恩恵を授かる環境にいる人は多くありません。しかし最近ではそれに対応した機器も発売されつつあるので、ここでもう一度「Car play」の機能をチェックしてみませんか。

Appleの「CarPlay」?「カープレイ」って?

iPhoneの画面を車内ディスプレイで操作できる機能

CarPlayとは、iPhoneを車内で便利に使えるiOSが搭載する純正の機能のこと。CarPlayに対応した車載のカーナビやオーディオ画面にiPhoneさながらの画面を表示してくれることで、車載の機器画面からiPhoneをコントロールすることができるのです。

運転に集中できるのがメリット

「Hey SIRI」でコントロールが魅力的

iPhoneの画面に比べ、クルマに搭載されたナビなどの画面は大きく使いやすい位置にあるのが一般的。そのため見やすく直接性がよく、より運転に集中ができるのも安心です。

また、SIRIの音声に対応している機種であれば、音声によるコントロールができるのもメリット。運転中にSIRIに音楽をかけてもらうことも、電話を掛けてもらうことも可能。留守番電話を聞くのも朝飯前ということですね。

POINT

見やすい画面で運転に集中できる

結構増えてきた「CarPlay」対応機種でナビやアプリが快適すぎ

リアルタイムな地図情報と車載の大画面表示がCarPlayの魅力

最近ではメーカーオプションやディーラーオプション、サードパーティーの多くの機器でCarPlayに対応しはじめています。CarPlayを車載の画面で利用できる一番のメリットはナビゲーションかもしれません。
いままでの車載の専用ナビとは違い、iPhoneのマップやCarPlay対応ナビアプリを利用することで、あたかも専用機かのように利用することができるのも◎。

iPhoneアプリのため地図の更新はリアルタイム、交通情報や渋滞情報もレスポンシブに入手が可能です。最近では、「GoogleMAP」や「カーナビタイム」などもCarPlayに対応しているので、いままで利用していた好みのアプリも使えますよ。

POINT

GoogleMapなどもCarPlayに対応しています!

Youtubeなどの音楽アプリも楽しみポイント

車載の大画面で音楽ストリーミングアプリの操作が便利

CarPlayに対応していればコントロールできるため、最近では多くのアプリが対応をはじめています。そこでおすすめしたいのが音楽アプリ。iTunesに登録した音楽の再生が大画面できるのが嬉しいですね。

その中でもおすすめが「Youtube Music」などの音楽系アプリ。種類はいろいろありますが、CarPlayに対応したアプリなら搭載のディスプレイで操作ができるのが魅力です。iTunesとは違い、定額ストリーミングサービスのため好きな音楽が聴き放題なところがいまどき。

通信費用がデメリット|でも快適さは圧倒的

出典:pixabay

ネット接続が必要となるiPhoneだけに、CarPlayのナビもストリーミングの音楽もパケット代が気になるところ。しかしその快適さはスマホリンクならではですので、ぜひライフスタイルに応じて検討してみてください。
あたらしい発想の「CarPlay」は、よりiPhoneの利便性を上げてくれるツールのひとつだと思います。