いま最も熱いカーガジェットのひとつであるレーザー式オービス探知機。その中でもフリースタイルでレーザー受信部を設置できるASSURAシリーズ「AR-1」がセルスターより登場。また、Wi-Fiでコントロールできる上位機種「AR-2」もチェック。本体と受信部の取り付け位置を変えたいならコレ!

セパレートタイプだから本体と受信部がフリー設置

本体は見やすく|レーザーは受信しやすい場所に

出典:楽天市場【セルスター GPSレーダー探知機 AR-2】

レーダー式でもレーザー式でもオービス探知機を設置するときに悩ましいのが設置場所。通常の探知機の場合は、本体に受信部が設けられているため障害物で遮らないよう設置しなければなりません。しかしモニターが見にくくなってしまうことも少なくありません。

それを解決するべく登場したのが本体とレーザー受信部がそれぞれ分離している「AR-1」「AR-2」。それぞれ好きな場所に設置できるレーザー探知機です。本体はコクピット前面に、レーザー受信部はクルマセンター前面など、クルマのインパネ周りに合わせて設置できるところが最大のポイントです。

最新のレーザー式オービス対応で死角なし

受信レベルの2段階表示が距離感を掴みやすい

出典:楽天市場【セルスター GPSレーダー探知機 AR-2】

ASSURAは、レーザー式オービスからの受信力が最大で約150%とその性能が自慢。また業界初となるレーザー光の受信レベルを2段階で判定できるため、オービスまでの距離感を把握することが可能になりました。オービスまでの距離感がつかめるのは非常に役立ちますね。

毎月更新されるGPSデータで常に最新が◎

レーザー式オービスからのレーザー光を直接受信すると同時に、GPSでも平行して位置情報から固定式レーザーオービスを認識します。レーザーとGPSのダブルで警告してくれるのも素晴らしい。

業界初の機能がここにも!準天頂衛星みちびきに対応

災害・危機管理通報機能で安心を一つ追加する

出典:楽天市場【セルスター GPSレーダー探知機 AR-2】

最新モデルにおいてはグロナスやガリレオ対応はもはや当たりまえのこと。こちらの機種ではさらに「準天頂衛星みちびき」に対応したことで、都心部や山岳部などでもより高い精度で計測ができます。

また最近のセルスターの最新モデルに搭載されつつある、災害・危機管理通報サービス「災危通報」にも対応。音声と画面により緊急速報を通知してくれる便利機能。スマホが通じない時などにも役立ちそう。火山や台風、津波や地震と幅広い情報はこれからの探知機のスタンダードになるかもしれませんね。

3.2インチMVA液晶に表示されるリアルCG警告

直観的に把握できる状況と環境がGood

出典:楽天市場【セルスター GPSレーダー探知機 AR-2】

この機種の特徴でもある「リアルCG警告」機能。全国に設置してあるオービスをいくつかのパターン化してCGで表示。さらには時間や場所に合わせて朝・昼・晩とその映像が切り替わるのも面白いところ。既に登録されたデータだけでも数百あり、無料のデータ更新で随時追加されるとのこと。

問題視されている逆走問題にも一役買いそう

搭載されたGPSを利用して高速道路のパーキングやインターチェンジなどで逆走してしまった場合の警告機能も賢いですね。料金場の無いパーキングなどでも注意喚起できそうです。

無線対応した「AR-2」はスマホで簡単データ更新

「MyCellstar+Sync」でラクラクアップデート

各種データ更新において、Wi-Fi対応の「AR-2」ならスマホアプリ「MyCellstar+Sync」を利用することで簡単に更新ができます。思い立ったら更新、という人には「AR-2」がおすすめです。

商品スペック

  • 液晶:3.2インチMVA
  • GPS受信方式:パラレル34ch
  • レーダー受信部:ダブルスーパーヘテロダイン
  • 本体サイズ:105(W)×21.5(D)×54(H)mm
  • 本体重量:112g(AR-1) 114g(AR-2)

シンプルな「AR-1」Wi-Fi対応の「AR-2」

セルスター ASSURA AR-1

セルスター ASSURA AR-2

インパネ周りに制限があるなら分離タイプが理想的

出典:楽天市場【セルスター GPSレーダー探知機 AR-2】

インパネ周りに既に多くのガジェットを搭載しているなら、コンパクトなレーザー受信部のこちらのタイプがいいのかも。既にセルスターの受信機を持っているならレーザー受信部を追加できる「AL-01」などもおすすめです。いずれも受信部のみコンパクトにまとめたいならセパレートタイプの「AR-1」「AR-2」をチェックしてみてください。