最近のドラレコは2カメラがスタンダードになりつつあります。なぜなら後方からのあおり運転対策がその理由。そんな後方録画に超画期的な「後方キャッチ機能」を加えたドラレコ「セルスター CS-91FH」が登場。

あおり運転による「後方キャッチ機能」が新しい

後方からのあおり運転を自動でイベント録画

出典:楽天市場【セルスター CS-91FH+GDO-10】

これまでドラレコというと前方を記録するものでしたが、あおり運転問題が話題となってからは後方を記録する前後2カメがスタンダードになっています。後方を記録するカメラそれぞれ特長がありますが、こちらの「 CS-91FH 」は、後方からのあおり運転を通知する「後方キャッチ機能」を搭載しているところがポイント。

出典:楽天市場【セルスター CS-91FH+GDO-10】

あおり運転といえば後方からの必要以上の接近。その接近を後方カメラで感知すると危険と判断し自動でイベント記録を開始します。また、それと同時に前方カメラ本体の液晶モニターに「後方接近」の喚起表示とアラームで通知してくれるのです。後方からの無理な接近に対して自動で録画と注意喚起してくれるのはとても便利。

あると便利な「災危通報」機能はナイスアイディア

災害・危機管理通報サービスってこれ良くない?

出典:楽天市場【セルスター CS-91FH+GDO-10】

ドライブレコーダーの枠を超えた機能として注目したいのが「災危通報機能」。地震や津波などの災害が発生した際に災害情報を音声とモニターで通知してくれます。スマートフォンとは違い電波で受信するところがある意味便利。災害情報のルートは多いに越したことはありませんね。

SONYのCMOSセンサ搭載のナイトビジョンVer.3

スモークガラスにも対応できるリアカメラが◎

出典:楽天市場【セルスター CS-91FH+GDO-10】

業界初となる「STARVIS IMX327」CMOSセンサを搭載したことで、これまでのナイトビジョンに比べより鮮明な映像を記録することが可能。また、スモークガラスにも対応できるところもポイントです。スモークガラスの濃さに応じて調整すれば、いままで以上に綺麗な映像を残せます。リアボディに直接カメラを設置したくない人にはおすすめの機能だと思います。

衛星受信数その数なんと「81基」凄さ!

いままで以上に測位精度アップで抜群の信頼感

出典:楽天市場【セルスター CS-91FH+GDO-10】

上位機種ではすでに一般的な「みちびき」以外に、グロナス24基とガリレオ22基に対応。GPSと合わせて81基もの衛星数により、街中でも山間部でもより高い精度で位置情報の受信を実現。

さらに、みちぎきの「サブメーター級測位補強」にも対応。これ以上必要なし、といいたいくらいの衛星数で確実に位置情報を記録してくれるでしょう。

多くの機能を盛り込んだスペックの高い一台

カメラは前後フルHDで撮影ができ、「車線逸脱警告」や「車間距離保持警告」などの安全支援機能も装備。さらにスーパーキャパシタを搭載したことで、事故による電源配線が外れてしまっても録画画像の保存も心配なし。また別売りの「GDO-10」常時電源コードを装着すれば、エンジンオフ状態でも最大12時間機能してくれるので、駐車時の録画にはおすすめです。

超速GPSにサブメーター級測位補強

業界初の「災害・危機管理通報サービス」が魅力

価格に納得♡多彩な機能搭載ナビの頼もしさ

セルスター CS-91FH

セルスター CS-91FH + GDO-10

大事な記録だからこそ性能にこだわる納得の一品

出典:楽天市場【セルスター CS-91FH+GDO-10】

あおり運転が問題になるこの時代だけに、それに特化した機能を兼ね備えた製品は安心感がありますね。それに加え、対応衛星数や災危管理通知など多くの機能が魅力の「CS-91FH」。スペック優先のドラレコを探しているなら、死角なしのこちらの商品をおすすめします。