クルマを購入すると、いろいろと聞き慣れない専門用語があるものです。その中でも意外にわかっていないのが「車庫証明」のこと。そこでわかりやすく車庫証明について解説いたします。

そもそも車庫証明書って一体なに?

クルマを駐車するスペースの証明のこと

クルマを購入するには車庫証明を取得する必要がでてきます。車庫証明とはクルマを駐車できるスペースを証明するための書類のこと。中古車であっても新車であっても、もちろん友人から譲り受けたものでもこれらの証明が必要です。
以前は軽自動車の車庫証明が必要ない時代はありましたが、いまではすべての車両で必要になります。

自分でやればこんなに安く!車庫証明書申請

頼めば代行費用2万円

車庫証明が必要なケースというとクルマを購入するときですね。その場合の多くは購入する先のディーラーや車屋さんにお願いするのが一般的です。
しかし、ディーラーなどに依頼すると、車庫証明申請代行手数料として2万円程度かかるといわれています。2万円あれば結構な量のガソリンが入れられるはず。自分で行えば申請費用2,100円と標章交付費用の500円で完了。車庫証明の申請は比較的簡単ですので、経験を兼ね自分でトライしてみるのも楽しいと思いますよ。

車庫証明の管轄は警察署

管轄は駐車場の住所になる

車庫証明の申請は、最寄の警察署の管轄となります。ここでのポイントは、自宅住所の管轄と考えやすいのですが、駐車場がある住所の警察が管轄となるので間違えないようにしてください。

購入前の駐車スペース確保が重要|距離をチェック!

自宅より半径2km以内に見つける必要あり

クルマを購入するための必要書類となるだけに、購入前に駐車スペースの確保が基本になってきます。自宅に駐車場がある人は問題ありませんが、駐車スペースの無い人は確保しておく必要があります。駐車場の確保には、不動産屋をはじめ大家さんに相談しましょう。

POINT

車庫証明は自宅を中心に半径2km以内

ここで注意が必要となるのは自宅から駐車場までの距離。車庫証明は自宅を中心として半径2km以内でなければ取得することができません。駐車場取得の競争率の高いエリアでは、これらから購入できないケースも少なくありませんので注意してくださいね。

出典:pixabay

車庫証明書の取得スキーム

必要資料の準備

車庫証明書を取得するには、いくつかの書類を提出しなければなりません。それら必要書類が以下となります。

  • 自宅保管場所証明申請書 × 2通
  • 保管場所標章交付申請書 × 2通
  • 保管場所の所在地・配置図 × 1通
  • 保管場所使用権疎明書面もしくは保管場所使用承諾証明書 ×1通

自宅保管場所照明申請書

駐車するクルマの詳しい情報を記載します。車両のメーカーやモデル形式、長さや車体番号など具体的な車両情報を申請する資料になります。

保管場所標章交付申請書

この書類は、クルマの保管場所を確保していることの証明となる標章のこと。きちんと確保できてますよという証明になるわけです。ステッカー形式となっており、クルマの後部ガラスに張るよう義務付けられたおり、ガラスがないものなどについては、左側側面に張らればなりません。
罰則こそないものの、これらは法律で定められていますので注意してください。

POINT

クルマの後部ガラスの見やすい位置に張り付ける

保管場所の所在地・配置図

この書類は文字通り保管場所の所在地の詳しい配置詳細図のこと。書類左側の「所在地欄」には自宅から駐車場までの見取り図を記載。右側の「配置図欄」には駐車場内の詳しい位置関係を記載します。

所在地については地図のアウトプットでもOKな場合がありますので、所轄の警察へ確認してみてください。品質よりも係の方が理解できればOK。それを心掛けて記載してみましょう。

保管場所使用権疎明書面もしくは保管場所使用承諾証明書

「 保管場所使用権疎明書面 」は、自宅など自己所有の保管場所がある場合に記載し、「保管場所使用承諾証明書」は、不動産屋や大家さんなどから借りる場合に必要となります。いずれもどちらかは必ず必要となりますので、状況に応じてチョイスしてください。

それぞれの書類は所轄の警察署サイトからダウンロードできますのでチェックしてみましょう。

これで節約!車庫証明のセルフ申請で得をする!

出典:pixabay

クルマ好きなら自分でできることはチェレンジしてみたいものですよね。それは車庫証明も同じこと。知ってしまうと意外と簡単な手つづきですので、一度くらいは経験してみるのもいいのではないでしょうか。経験も増えなんとなく自己満足度もアップする車庫証明を、ぜひセルフで申請してみてくださいね。