コムテックからセパレートモデルの最高峰となる「ZERO 909LS」が遂に発売。新型レーザー&レーダーに対応した、業界最薄11.9mmのスリムボディ。好きな場所に設置できるセパレートタイプだから自分好みにセッティングが可能です。

新型レーザー式オービス対応のセパレートモデル

超スリムな11.9mmの本体を好みで配置OK

出典:楽天市場【ZERO909LS コムテック】

コムテック(COMTEC)から、設置自由度が高いセパレートモデルのレーダー&レーザー探知機「ZERO 909LS」が登場。やはり目を引くのが本体の薄さ。なんとコレ、11.9mmという業界最薄ボディに仕上がっているのです。

セパレートモデルとは、液晶が搭載された本体と信号を受信するアンテナ部とが独立している構造のこと。そのためアンテナは受信感度のよいフロント部に設置すれば、本体はクルマに合わせた見やすいポイントに設置することができるのです。

センターコンソールでも、ハンドル脇でも、ダッシュボード上でも配置は可能。付属の金属ステーを使った吊り下げスタイルもGood。自分のドライブスタイルに合わせて自由に設置できるため、より自分らしいポジショニングを確立することができるでしょう。

出典:楽天市場【ZERO909LS コムテック】

超広角レンズに高感度センサーで受信性能UP!

レーザー式オービス対応で幅広い取締機に反応

出典:楽天市場【ZERO909LS コムテック】

レーザー&レーダー探知機は、新しいモデルは安心感が違います。「ZERO 909LS」では、アンテナユニット部に、超広角レンズと高感度センサーを採用し、構造そのものを見直したことで従来機に比べ受信性能が向上。

新しい取締機となる「レーザー式オービス」にも対応しているため、これまで受信できなかったレーザー受信も問題なし。また、内蔵されたGPSをデータを利用することで「レーザー式固定オービス」もOK。レーザー受信とGPSで警報してくれるところは最新モデルならではのアドバンテージですね。

また、生活道路に設置される小型の「レーザー式移動オービス」にも対応。更新されたGPSデータは無料でダウンロードできるので常に最新状態が保てます。オプションの「OBD2接続アダプター(OBD2-R3)」を接続すれば、待ち受け画面を10パターンからセレクトすることができ、より細かい詳細表示を行うこともできますよ。

商品スペック

  • 液晶:3.1インチMVA
  • 受信方式:パラレル33ch ダブルスーパーヘテロダイン
  • 検波方式:FMトラッキングタイムカウント方式
  • 本体サイズ:67.2(W)×40.3(H)mm
  • 本体重量:70g
  • アンテナサイズ:81.8(W)×28.5(H)×64(D)mm
  • アンテナ重量:64g

COMTEC コムテック

ZERO 909LS

おすすめポイント

・セパレートモデルの最高峰
・業界最薄の11.9mmで設置自由度アップ
・最新レーザー式オービス対応の安心感

OBD2接続アダプター OBD2-R3

無線LAN内蔵SDHCカード WSD16G-909LS

セパレートモデルで自由なマイポジショニング探索

出典:楽天市場【ZERO909LS コムテック】

「GPS」に「みちびき」や「グロナス」など、合計88基の衛星受信で測位精度もUP。オプションの「無線LAN内蔵SDHCカード(WSD16G-909LS)を利用すれば、ユーザー間で取締情報をリアルタイムで共有できるのも上位モデルの喜びポイント。業界最薄のセパレートモデルで自分なりのポジショニングを探してみるのも楽しいですね。気になる人は、2020年最新モデルの「コムテック ZERO 909LS」を試してみてはいかでしょうか。