いままでドライブレコーダーというと前方のみの撮影が一般的でした。しかし近年では全方位録画できる360度タイプのドライブレコーダーが大人気。そこで前方タイプのドライブレコーダーとの違いやメリットを詳しく紹介いたします。

360度カメラ搭載ドライブレコーダーとは?

「前方」「後方」「左右」「車内」の録画が可能

360度タイプのドライブレコーダーとは、全方位の360度録画が可能なドライブレコーダーのこと。事故は必ずしも前方で起きるとはかぎりません。左右からの接触や後方からの追突など、あらゆる方向での録画ができるのが360度カメラ搭載のドライブレコーダーになります。

一般的なドライブレコーダーとの違い

これまでのドライブレコーダーというと前方録画のみでした。最近ではようやく後方カメラを搭載しているクルマも増えてきましたね。しかしその場合、左右を含め死角も少なくありません。
360度ドライブレコーダーでは、左右はもちろん車内録画ができるところが大きなアドバンテージなのです。車内の状況を具体的に伝えることができるのは360度カメラだけの特典でしょう。

POINT

左右も車内も徹底録画!死角がより少ないのが360度ドライブレコーダー!

360度ドライブレコーダーのメリットとデメリット

全方位録画が最大のメリット

そもそもドライブレコーダーは事故状況を証拠として残すもの。一般的なドライブレコーダーに対して360度の映像を録画できるため、事故時に起こるあらゆる方位で起こった事実を証拠として残せるのです。また、ドライバーを含む車内録画もできるので、いろいろなトラブルの対策にもなりますね。

POINT

なんといっても全方位録画!あらゆるトラブル対策に!

後方があと少し……デメリット

デメリットを最初に上げるなら後方の撮影でしょう。後方が専用カメラほど綺麗に撮影できないところ。360度ドライブレコーダーの場合フロントガラスに設置するため、そこからの視野になるということ。また、前方後方タイプよりコストが高いのもデメリットでしょう。

全方位ドライブレコーダーの仕組みと特徴

全天球タイプは半天球レンズの組み合わせで実現

360度録画するためにはカメラの撮影範囲が重要になります。360度ドライブレコーダーは、全天球タイプと半天球タイプに別れます。全天球タイプは、半天球垂直180度以上のレンズを前後に取り付けることで360度網羅する仕組み。その場合天井まで撮影できるのが特徴です。

天井までの撮影は必要ないと思われる場合は、半天球タイプのドライブレコーダーをチョイスしてください。どちらも前方のみに比べて圧倒的に情報量が増えるので安心感は歴然でしょう。

出典:pixabay

ドライブレコーダーには2種類の記録タイプあり

常時録画タイプ

ドライブレコーダーの常時記録タイプとは、クルマの動きに関係なく常に録画しているタイプのもの。その間事故などが発生した場合は、搭載されたGセンサーが感知しそのデータを上書きされないように保管してくれるシステム。記録メディアの容量を超えたものは古いデータから上書きされていくのが一般的です。

イベント記録「衝撃感知機能」タイプ

イベント記録「衝撃感知機能」タイプとは、事故などの衝撃を感知したデータのみ格納してくれるタイプになります。常時撮影タイプとは違い必要なデータのみ保管するという考え方。

360度ドライブレコーダーはここをチェック!

画素数の高い機種を選ぶ

カメラのレンズの性能を画素数と解像度で表現されています。画素数とは表示された写真がどれくらいの画素(ピクセル)で表現されているかということ。300万画素(ピクセル)であれば、縦横合計300万画素のピクセルで映像を表現しているということ。画素数が高いほど鮮明に表現ができるのです。

解像度が高いほどよりベター

解像度も重要なポイント。解像度とは画像の密度を意味し、1インチに対してどれだけのドットが含まれているかできまります。正式な単位は「dpi」といわれ、dpi数値が高いほどなめらかな映像が表現が可能。最近のトレンドは「1920×1080」となるフルHD以上です。これくらいの解像度があれば十分綺麗な映像を撮影することができるでしょう。

連続撮影の長い機種が安心

画素数や解像度が高くなるほどデータサイズも大きくなります。それらを保管するにはSDカードなどの外部メディアを利用するのが一般的。しかしどの機種にも外部メディアの対応範囲が設けられているため、撮影品質と外部メディアの対応容量のバランスを考え、自分の用途に合った機種を選びましょう。

GPSは搭載されている?

GPSが搭載されている機種であれば、位置情報も同時に記録してくれます。警察や保険会社に具体的な場所を説明するにも知らない土地では困りますね。機種によっては、GPSを利用した速度を算出してくれるものも。具体的な状況を伝える頼れる機能とえいえますね。

POINT

GPSで正確な場所を記録する!はじめの場所でも心配なし!

駐車監視機能はちょっとした買いものに!

駐車監視機能が付いている機種も増えてきました。駐車監視機能とは、駐車している状態も録画してくれる機能のこと。エンジンを切っても内部バッテリーにより録画をつづけてくれるため、駐車場でいたずらや当て逃げにも安心です。但し内蔵バッテリーの容量は決して多くないので長時間の録画は難しいのが現状です。

理想は「360度」プラス「リアカメラ」

出典:pixabay

上を見たらきりがないドライブレコーダー。本体価格はもちろん取り付け工賃まで意識して選ぶようにしなければなりません。とはいっても前方後方だけではなく、全方位の録画があればより安心ですね。ある意味最強は360度+後方カメラが最強なのかもしれません。