デンソーの人気AVカーナビ、イクリプスの「録ナビ」に2021年モデルが早くも登場。ドラレコ搭載モデルとなるDシリーズの「AVN-D10」&「AVN-D10W」と、ベーシックモデルのRシリーズ「AVN-R10」&「AVN-R10W」。どちらも最新機能搭載で登場です。

ドラレコ搭載モデルとスタンダードモデルのNew「録ナビ」

ドラレコ搭載モデルはカメラ接続のみのシンプルスタイル

出典:楽天市場【AVN-D10】

デンソー(DENSO)の人気カーナビゲーションシステムの「イクリプス(ECLIPSE)」。そのイクリプスから早くも2021年モデルが登場。今回発表されたのは、ドラレコ搭載モデルとなる180mm「AVN-D10」と、200mmワイド「AVN-D10W」のDシリーズ2機種。さらに、スタンダードモデルの180mm「AVN-R10」と、200mmワイド「AVN-R10W」の「Rシリーズ」2機種の合計4機種の登場です。

出典:楽天市場【AVN-R10】

Dシリーズのドラレコ搭載モデルは、前方だけでなく後方の記録も可能な2カメラスタイル。200万画素のフルHDで高解像度に加えHDRを搭載しており暗いシーンでの撮影も問題なし。

通常のドラレコ同様エンジンONで録画スタート。「常時記録」に「イベント記録」、そして「手動記録」の3つのパターン記録も◎。なによりドラレコ機能はすべて「Dシリーズ」本体に内蔵されているため、接続は前後のカメラのみが魅力的。SDカードも「D-シリーズ」本体に挿入するためアクセスがなにより便利ですね。

記録映像はもちろん「録ナビ」の大画面で確認可能。再生方法は一般的なサムネイルからの選択以外に地図上のアイコンから選べるのが面白い。スマホの専用アプリを利用すればスマホ上で映像のチェックもできますよ。

ナビとオーディオの画面の融合で見やすさアップ

スマホナイズなシンプルUIでスムーズ操作を実現

出典:楽天市場【AVN-D10】

スムーズ操作性も見逃せません。なぜならストレスフリーな高性能トリプルコアCPUを搭載しているから。複数の通信経路をまとめて処理することで高速化を実現しているのです。

それでいながらシンプルなUIで快適操作がポイント。「操作補助アイコン」や「操作補助イラスト」などを採用したことで、より「わかりやすい」がGood。地図上の道路や文字にも強弱がつけられておりパッと見でわかりやすくなっています。

7型の液晶には「静電容量式タッチパネル」が採用され、「光沢パネル」で引き締まった画質が楽しめます。ボタン配置が右サイドにある「200mmワイドモデル」では完全なフルフラットデザイン、「180mmモデル」でも操作部の突起を抑えたフラットデザインになっています。

出典:楽天市場【AVN-D10】

デンソー イクリプス(ECLIPSE)

AVN-D10 180mm ドラレコ内蔵

AVN-D10W 200mmワイド ドラレコ内蔵

AVN-R10 180mm スタンダード

AVN-R10W 200mmワイド スタンダード

おすすめポイント

・トリプルコアCPU採用の録ナビ2021年モデル
・使いやすく見やすいカーナビ
・接続はカメラだけのスマートDシリーズ

「PinP」で地図上の好きな位置にテレビ表示がGood

出典:楽天市場【AVN-D10】

「PinP」により地図上の好きな位置にテレビや映画を好みのサイズで表示が可能。これなら案内中でも助手席へのおもてなしもできますね。コアなサウンドにこだわっているのもイクリプスらしいところ。安定した電源回路にノイズを抑える基板構成。左右CHの分離設計を徹底して位相変調の少ないDAC回路など多くのテクノロジーが搭載されているのです。もちろんBluetoothオーディオ機能も搭載しているのでいろいろ遊べますよ。イクリプスの人気機種の最新モデル、「AVN-D10」&「AVN-D10W」と「AVN-R10」&「AVN-R10W」。価格を考えればかなり魅力のラインナップですね。