思いもしないところで突然やってくるパンクって困りますよね。そんなときに限って近くにカーショップがないもの……。最近はスペアタイヤを搭載しているクルマも少なくなっているので頼る先はタイヤのパンク修理キット。そこでもう一度パンク修理キットについておさらいしておきましょう。

タイヤパンク修理キットとは?

一時的なタイヤの応急処置ができる

タイヤのパンクに応急処置をするためのアイテムが「パンク修理キット」になります。各メーカー毎に用意されており、カー用品店などではサードパティ―製のパンク修理キットを購入することもできます。

パンク修理キットはパンクしたタイヤにエアーと補修剤を流し込みます。その後走行することで生まれる遠心力を利用して穴をふさぐという考え方。タイヤ交換をするまでの一時的な処置ができるのです。

スペアタイヤはどこに? なぜパンク修理キット?

燃費競争や環境問題によりスペアタイヤが無くなった

そもそもなぜパンク修理キットが必要なのでしょうか。以前はタイヤのパンクといえばスペアタイヤに交換しました。しかし最近のクルマではスペアタイヤの搭載車が少なくなっています。

その理由としては、クルマを少しでも軽量化し燃費をよくすることであったり、スペアタイヤの廃棄による環境問題などがあるとされています。その代わりにパンク修理キットを搭載し予期せぬパンクに備えているのです。

出典:楽天市場【アメリカ発 緊急パンク修理キット SLIME スライム】

パンク修理キットの注意点

パンク応急処置後はその足で修理へ!

パンク修理キットはあくまで応急処置となり、速度はもちろん走行可能距離が制限されているため、そのままディーラーやカーショップに向かい修理をしてもらいましょう。
また、バーストなどの破裂などには使えません。数ミリの小さな穴のみ処置が可能です。そう考えるとスペアタイヤに比べてロードサービスへの連絡は増えそうですね。

パンク修理キットの種類と使いかた

コンプレッサータイプ

メーカー標準で搭載されているタイプの多くがコンプレッサータイプになります。コンプレッサーとは空気を送ることができる装置のこと。ホースノズルをエアーバルブに接続しエアーと補修剤を同時にタイヤ内に注入する同時注入式や、先に補修剤を注入しエアーを入れる別注入式にわかれます。
どちらも電源はシガーソケットから供給するので電動で駆動するパンク修理キットになります。

スプレータイプ

コンプレッサータイプに比べより簡易的なパンク修理キットが缶スプレータイプ。缶内部の圧力で溶剤を噴出します。本体から出るホースノズルをエアバルブに接続しプッシュするだけ。コンプレッサータイプに比べて価格も安く簡単ですが1回使い捨てというところがデメリット。

使いかたも簡単なおすすめパンク修理キット

1.SLIME 50036

おすすめポイント

・パンク修理キットに迷ったらコレ
・コンプレッサー付きの頼れるキット
・無公害の溶剤でタイヤやホイールに安心

2.ホルツ パンク修理剤 タイヤウェルド

おすすめポイント

・3ステップの簡単処置が◎
・ジャッキアップ不要が便利
・世界中で利用される安心感

3.マルニ A-453

おすすめポイント

・有効期限は6年間
・6mmの穴まで処置が可能
・水溶性で後処理が容易

4. SLIME セーフティスペア オートマチック

おすすめポイント

・空気と溶剤を同時注入のオートマチック
・メーカー純正としてOEM供給品
・バルブ内のムシの取り外し必要なし

備えあれば患いなし!緊急事態に備えておく

出典:楽天市場【アメリカ発 緊急パンク修理キット SLIME スライム】

いつ遭遇するかわからないパンクのために備えておくべき「パンク修理キット」。急な事態に慌てないよう持っていない人はチェックしてみてくださいね。安心した環境で充実したカーライフをサポートしてくれますよ。