普段何気乗っているクルマであっても、ガソリンスタンドでの給油口の向きって迷いますよね。複数のクルマを乗り換える環境ならなおさらのこと。そこで左右の給油口の見分け方を簡単に紹介いたします。

給油口が左右別々にある理由

高熱になるマフラーと逆の位置が一般的

そもそも給油口って左右のどちらかに別れていますよね。これはマフラーにできるだけ遠い距離に給油口を配置していることが理由だとか。そのため、一般的にはマフラーと逆側に給油口があるのだそう。
確かにいわれると、それって理にかなっているのかもしれません。高熱になったマフラーとは距離をおくに越したことはありませんからね。

出典:pixabay

給油口の向きはメーターパネル内に表示あり

メーターパネルのガソリンアイコンの矢印が方向を指す

給油口の左右向きを見分ける一番わかりやすいポイントがメーター内の表示。メーター内のガソリンアイコンに矢印が表示されていませんか。その矢印が指している方向が給油口の向き。
また、マークが記載されていない場合の多くは、ドライバー側に給油口があることが多いようです。

POINT

給油口の向きはメーター内のガソリンアイコンをチェック!

これらは、2000年以降に発売されたクルマに搭載された表示になるそうです。なぜならそのころからセルフスタンドが増えたからとのこと。確かにセルフスタンドとなると車内での認識は必要になりますからね。

メーカー毎に違うって本当のこと?!

各自動車メーカーの仕様によって違いあり

メーカーによっても基本的な向きが決まっているそうです。トヨタや本田は左側が多く、日産やスバルは右側が多いのだそう。各社のエンジン構造によるものかもしれませんが、普段あまり意識しないところだけに、ついつい走っているクルマをみてしまいますね。

レンタカーでもクールに決める

出典:pixabay

意外に悩みがちなポイントだけに、知っておくと便利ではないでしょうか。これでドライブデートの給油もクールに決められますね。クルマを降りて給油口の確認なんて冴えないですからね。ぜひ充実したカーライフを楽しんでください。