アイドリング不調やエンジン吹けの悪化で疑ってみるポイントのひとつがイグニッションコイル。チェックランプが点灯したならビンゴかも。そこで故障したときの症状や点検、交換方法までわかりやすく解説いたします。

イグニッションコイルとは? 原理と仕組みって?

スパークプラグに高電圧を供給する装置のこと

出典:楽天市場【NGK イグニッションコイル】

イグニッションコイルとは、スパークプラグに高圧の電気を供給するためのパーツのこと。バッテリーから送られてきた12Vを、20,000から35,000Vの高圧に変換しスパークプラグに電気を送る仕組み。

イグニッションコイルは「ペンシルコイル」と「ブロックコイル」の2種類にわかれます。どちらも高圧に変換することには変わりなく、共に1次コイルと2次コイル、そしてコアにより構成されています。

ECUがイグナイタを制御し1次コイルに電気を流します。1次コイルに磁束が発生し電磁石に。イグナイタをOFFにすることで電磁誘導により2次コイルに高電圧が発生する原理。

故障したときの症状や点検・交換|寿命はどれくらい?

ディーラーでのコンピュータ診断 or DIYチェック

出典:楽天市場【NGK イグニッションコイル】

イグニッションコイルが故障すると、アイドリングのバタつきなど不安定になるのが主な症状。また、アクセルを踏んでも吹けが悪く加速がしにくいのも同様。エンジンチェックランプなどの警告灯が点灯するならイグニッションコイルを疑う余地はあるでしょう。

点検は主にコンピュータによる診断が一般的。何番のコイルに異常があるかはコンピュータにより確認ができます。またDIYで不具合箇所を判断する場合は、1本ずつイグニッションコイルに接続されているカプラを外しエンジンの変化をチェック。変化なければそこが故障個所とみなします。変化が無いということはすでに故障しているということになるのです。

交換は非常に簡単。カプラを外しイグニッションコイルをまっすぐに引き抜きます。新しいイグニッションコイルを挿入しカプラを接続すれば完了です。

寿命はクルマによっても変わってきますが、5万kmから10万km程度が一般的とされています。1カ所壊れるということは、他のイグニッションコルも大よそ寿命と思われますので、予算が許すなら全気筒同時に交換することをおすすめします。

トヨタ プリウス イグニッションコイル

純正同等品 90919-02240 4本セット

おすすめポイント

・アイドリングのバタつきがあったら要チェック
・5万kmから10万km程度で要交換

エンジンフィールに違和感を感じたら意識してみる

エンジンの吹けが悪かったり、アイドリングが不安定に感じたらイグニッションコイル不良を疑ってみてもいいかもしれません。クルマの使用環境により寿命は変わってきますが、違和感を感じたらチェックしてみましょう。普段意識することが少ないパーツですが、クルマにとっては非常に重要なパーツなのです。