車検を受けてから1年経つと、ディーラーやカーショップから法定点検の通知が届きますよね。でも法定点検って受ける人と受けない人がいるみたいですけど、そもそもそれって大丈夫なのでしょうか?そこで法定点検についてわかりやすく解説いたします。

そもそも法定点検って一体なに?

国で定められた車検とは別に行われる定期点検のこと

法定点検とは国で定められた定期点検であり、道路運送車両法で定められた法律のこと。1年12ケ月または24ケ月毎に行わなければなりません。車検とは別に行われる安全な走行のための定期点検となります。

車検と法定点検の違いを知っておく

車検は資格・法定点検は検査のこと

車検はクルマの安全性や排ガス規制などがチェックされ、保安基準を満たしているかの確認である「自動車検査登録」という資格のこと。それにたいして、法定点検は、安全にクルマを走らせるための検査となります。

法定点検は12ヶ月と24ヶ月の2種類

自家用車の場合、法定点検には2種類となり12ヶ月と24ヶ月に別れ、12ヶ月は26項目、24ヶ月は56項目となります。24ヶ月点検はより多くの項目が含まれるのです。

POINT

自家用車の法定点検は2種類あり

法定点検の罰則についての結論がコレ

法定点検に罰則に問われることはない

法定点検は法律ではありますが、実際のところ罰則に問われることはありません。しかしながら、点検を怠ってしまうことで故障などに発展するケースもあるため、定められた期間での法定点検を行うようにしてください。

法定点検の時間と費用|シールを張り替えて終了

約1万円~2.5万円程度(12ヶ月~24ヶ月点検)

法定点検は車検に比べ費用的な負担が少ないのがメリットになります。金額的にも格安の整備工場とディーラーでは差がありますが、ご自身のメリット踏まえチョイスしましょう。

  • 12ヶ月点検 : 約1万円~1.5万円程度
  • 24ヶ月点検 : 約2万円~2.5万円程度

それぞれの法定点検後は、法定点検シールを張り替えて終了となります。

POINT

予算を踏まえて依頼先を決める

罰則ないと見逃しNG|きちんと受けよう法定点検

出典:pixabay

いつでも安心した運転をこころがけたいものです。そのためにも定期的な法定点検を行うようにしてください。罰則がないからといって法定点検を受けないことで、思いがけない事故や故障に遭遇するかもしれません。そうならないよう日頃から定期的な点検を心がけましょう。