クルマ好きなら自分なりのカスタムって楽しいですね。でも自動車の登録番号を掲げるナンバープレートをあまりいじくると法令違反になることも……。そこでもう一度正しいナンバープレートの基準を見直してみませんか。

見やすい表示がナンバープレートの基本の「キ」

カバーや折り返しは既に明確にアウト!

出典:国土交通省のWebサイト

以前流行ったナンバープレートのカバーは、平成28年4月より明確に取り付け禁止になっています。また、ナンバープレートのフレームについても文字が隠れるようなことがあってはいけません。判読できないような場合は取り付けないよう注意しましょう。

意外と知らないナンバープレートの正しい基準

平成33年4月1日より適用される新基準も意識する

出典:国土交通省のWebサイト

ナンバープレートの角度については現状あまり厳しくされていませんが、平成33年4月1日からは角度や向きなどの細かく規定された新基準が適用されます。特に気をつけなければならないのが角度。既に角度が引っかかっているなら意識しておく必要がありますね。

また、フレームにおいては既に幅や厚さが規定されていますので適用範囲かチェックしてみましょう。

知らなかったではすまされない!規制を確実にクリアする

出典:pixabay

スポーツ走行を楽しむクルマにおいて、ポテンシャルの妨げになることから位置や角度の調整をおこなう人も多いと思います。しかし平成33年からは厳しくなるのでその前にもう一度見直しましょう。正しいナンバープレート表示はドライバーの基本マナー。クルマが好きだからこそルールを守り安全安心なカーライフを過ごしてくださいね。

参考:国土交通省のWebサイト