令和3年(2021年)4月1日以降に登録を受けるクルマに対してナンバープレート取り付けに関するの新基準を適用するという猶予を設けていましたが、新型コロナウィルスの影響により期間を令和3年10月1日以降へ延長することになりました。その新ルールがいよいよ開始されます。そこでもう一度ナンバープレートの新基準を見直してみましょう。

『見やすい表示』がナンバープレートの表示義務

ナンバープレートの被覆(カバー)や回転はすでにNG!!

出典:国土交通省のWebサイト

以前に流行ったナンバープレートの被覆カバー、ファッションパーツとして取り付けていたクルマも多かったはず。でも平成28年4月よりすでに取り付け禁止になっているのをご存じでしょうか? たとえ無色透明なカバーであっても見にくくなることから違反になってしまうのです。

また、ナンバープレートを回転したり折り返したりすることもダメ。ナンバープレートのフレームさえときに違反に……。文字が隠れたり文字に干渉したりするものなど気をつける必要があるのです。 見やすく表示されていなければ違反になるので注意してくださいね。

新基準は新車だけ☆対象は? 車検や旧車はどうなるの?

2021年10月1日より適用される新基準を意識する

出典:国土交通省のWebサイト

令和3年4月1日以降に初めて登録を受けるクルマに対して、ナンバープレートの角度や向きを規定する新基準が適用されることですすめられていました。しかし、新型コロナウィルスの影響により令和3年10月1日以降へ猶予期間が延長されることになり、その新ルールがいよいよ開始されるのです。

それにより10月1日以降に初めて登録・検査・使用の届けのあるクルマについては注意しなければなりません。注意といっても対象になるのは新車や日本で初めて登録されるクルマが対象になるので、すでに登録されているクルマの車検などは対象外。但し、平行輸入車などで日本で初めて登録となる旧車やクルマは対象になりますので注意してくださいね。

新基準は、前後ナンバープレートの上下左右の角度がそれぞれ細かく定められ、掲示高さ1.2mを基準に角度も明確に決められており、ナンバーフレームにおいても、上部10mm以下、下部13.5mm以下、左右幅18.5mm以下で、厚みは30mm以下に……。細かく規定が設けられるので覚えておきましょう。

知らなかったは即アウト! 国土交通省のサイトをチェック!!

出典:pixabay

スポーツ走行を楽しむクルマにおいて、ポテンシャルの妨げになることから位置や角度の調整をおこなう人も多いと思います。しかし令和3年10月1日以降の登録車からは厳しくなることを覚えておきましょう。正しいナンバープレート表示はドライバーのマナー。クルマが好きだからこそルールを守り安全なカーライフを楽しいたいもの。詳しくは国土交通省のWebサイトをチェックしてみてくださいね。

参考:国土交通省のWebサイト