バッテリの汎用性が強みのマキタ製品から、新たに充電式保冷温庫「CW001GZ/CW001GZO」が登場。もちろんこれも手持ちのマキタバッテリを利用できる優れモノ。18Vのバッテリでも40Vmaxでも使用できますよ!

マキタのバッテリが使えてしかもIPX4準拠

-18℃保冷から60℃保温まで♡冬は冷たく夏は温かく!!

出典:楽天市場【充電式保冷温庫】

近年なにかと人気のマキタ製品。プロ愛用の信頼性から最近ではホームユーザーも増えていますね。そんなマキタ(makita)から、手持ちのマキタバッテリを利用できる充電式保冷温庫「CW001GZ(マキタブルー)」&「CW001GZO(オリーブ」が登場。

マキタ製品といえば、同社製品間でのバッテリの使い回しによる汎用性の高さが魅力のひとつ。もちろんこちらの「CW001GZ/CW001GZO」だって手持ちのマキタバッテリを利用することが可能。一般的な18Vバッテリでもパワフルな40Vmaxでも使用OK。バッテリは2本まで搭載することができ、利用シーンに応じてセレクトできるところは流石マキタ。
保冷はー18℃まで保温は60℃と夏でも冬でもオールシーズン使え、屋外での利用も安心な防水保護等級「IPX4」により粉じんや水から本体を守ってくれるのです。

出典:楽天市場【充電式保冷温庫】

設定温度は保冷7段階と保温7段階の合計14段階

車中箔でも使用できる3Way電源が◎ USB機器の充電もGood

出典:楽天市場【充電式保冷温庫】

本体には液晶が搭載され設定温度も一目瞭然。保冷中は保冷ランプが点灯し保温中も保温ランプで視覚的に識別が可能。もちろんバッテリの充電残量だってひと目で確認できますよ。搭載したバッテリ以外でも、家庭用電源AC100Vも使え、クルマのシガーソケットからも給電OK。さらにUSB電源端子を利用すればUSB機器の充電もできるのだそう。

makita 充電式保冷温庫

CW001GZ/CW001GZO

おすすめポイント

・手持ちのマキタバッテリが利用可能
・保冷も保温もできる充電式保冷温庫
・シガーソケットで車中泊も快適使用

500mlペットボトルなら20本と大容量の20L

本体容量が20Lの大容量のため、500mlペットボトルなら20本、2.0Lペットボトルなら4本入れられます。これだけ入れば1泊2日程度のキャンプでも十分。保冷5℃で設定しておけば約28時間、保温60℃なら約8時間30分も利用できますよ。バッテリを中心としたオールラウンドな使い方が魅力のマキタ製品だけに、マキタユーザーならチェックする価値ありのアイテムですね。