12日月1日から施行される「ながら運転」の厳罰化。これまでの3倍に引き上げられる反則金。それに伴いドライバーも意識を高めなければなりません。そこでもう少し詳しく「ながら運転」に伴う改正道路交通法を理解しておきましょう。マナーのあるドライバーが増えることはクルマ好きにとっては大切なことですね。

ながら運転とは?

運転中にスマートフォンなどを使用する行為のこと

「ながら運転」とは、クルマの運転中にカーナビやスマートフォン、携帯電話などを使用する行為。「ながらスマホ」とも呼ばれることも。そららが後を絶たないことが問題視され、これまで以上に厳罰化することになったのです。

ながら運転は、すでに道路交通法第71条5の5より禁止されていますが、カーナビやスマートフォン操作による事故が急増していることから2019年1月に道路交通法の改定案が閣議決定され、2019年12月1日より施行されることになったのです。

携帯電話使用での交通事故が凄いことに……

平成30年度は2,790件|死亡は42件

出典:警察庁ウェブサイト「携帯電話使用等に係る交通事故発生状況(平成30年中)」

警察庁のWebサイトより、平成30年度のカーナビやスマートフォンの使用に関する交通事故件数が2,790件とその数に驚かされます。通信機器の普及に比例して伸びているのも気になりますね。

また、携帯電話などを使用した場合の死亡事故件数においては、使用していない場合に比べ約1.5倍まで膨れあがります。これを見ると運転中の携帯電話やスマートフォン使用の危険性がわかります。

出典:警察庁ウェブサイト「携帯電話使用等に係る交通事故発生状況(平成30年中)」

たったの2秒でこんなに進む自動車の危険性

一瞬の気のゆるみが大事故を招くことに

出典:警察庁ウェブサイト「携帯電話使用等に係る交通事故発生状況(平成30年中)」

警察庁のサイトによると、自動車が2秒間に進む距離は時速60kmの場合なんと約33.3mにまで及ぶそう。一瞬でも目をそらしてしまうことの怖さが理解できますね。

一発免停も! 反則金や点数の引き上げはどれくらい?

反則金も点数も約3倍に改正される

今回の改正により現在の違反点数が引き上げられ、反則金についても普通車の場合で6,000円から18,000円の3倍に改正されます。

【保持】「ながら運転」厳罰化改正前改正後

「保持」とは、スマートフォンや携帯電話を使用していた場合のこと。

  改正前改正後
違反点数1点3点
反則金原付5,000円12,000円
二輪車6,000円15,000円
普通車6,000円18,000円
大型車7,000円25,000円
罰則5万円以下の罰金6ヵ月以下の懲役または10年万円以下の罰金

【交通の危険を生じた場合】「ながら運転」厳罰化改正前改正後

「 交通の危険を生じた場合」とは、携帯電話やスマートフォンの使用により交通の危険が生じた場合のこと。原点は6点となり、即免停処分となってしまいます。

  改正前改正後
違反点数2点6点
反則金原付6,000円全て罰則の適用
二輪車7,000円全て罰則の適用
普通車9,000円全て罰則の適用
大型車12,000円全て罰則の適用
罰則3か月以下の懲役または5万円以下の罰金1年以下の懲役または30万以下の罰金

「ながら運転」の厳罰化で安全安心な社会へ

出典:pixabay

運転中にスマートフォンやカーナビを使わないのは当然のこと。運転する前にドライブモードにするなり電源を切り、私たち一人ひとりがより安全な社会を心がけましょう。「ながら運転」のない安全で安心なカーライフを楽しんでくださいね。

参考:警察庁のWebサイト