エンジントラブルでよく耳にする「オイル上がり」と「オイル下がり」。クルマ好きなら一度は聞いたことがありますね。でもそれって一体なに? そんな人のために、「オイル上がり」と「オイル下がり」 についてシンプルに解説いたします。

オイル上がりとは? どんな症状なの?

オイル上がりの原因

出典:pixabay

オイル上がりとは、オイルがピストンとシリンダーの隙間から燃焼室室内へ入り込んでしまう状況のこと。本来ピストンリングがオイルをそぎ落すことで燃焼室への侵入を防げます。しかし、ピストンリングが摩耗するとクリアランスが増えその隙間から燃焼室に入り込んでしまうのです。

オイル上がりの症状

エンジンオイルが燃焼室に入ってしまうことでオイルそのものが物理的に少なくなってしまいます。同時に燃焼室に入ったオイルが燃焼することで白い煙をモクモク吐き出すことになるのです。走行中エンジン回転数に比例してマフラーから白い煙を吐き出しているようであればオイル上がりの疑いがあるかもしれません。

オイル下がりとは? こんな症状なら要チェック!!

オイル下がりの原因

出典:pixabay

オイル下がりは吸気バルブの「バルブシール」が劣化することで、ストッパーの役目をなくし、そのすき間を通り燃焼室にオイルが入り込んでしまうことが原因になります。

オイル下がりの症状

オイルが燃焼室に入ってしまうため、オイル上がり同様に白い煙を吐き出します。但し、オイル下がりの場合は、エンジン始動時やアイドリング中となります。オイル上がりほど白煙を吐き出さないのがポイントです。いずれもエンジンオイルが少なくなったと思ったらチェックするようにしてください。

「オイル上がり」&「オイル下がり」の対処と対策

定期的なエンジンオイル交換が基本マスト!!

出典:pixabay

オイル上がりやオイル下がりの対策となるとやはり定期的なオイル交換。使い続けたエンジンオイルが酸化することでスラッジの蓄積によりピストンリンクの摩耗を早めたり、バルブシールを変形させたりするのです。そのためにエンジンの使用状況に合わせ適切なサイクルでオイル交換をこころがけましょう。

エンジンオイルの粘度を上げてみる!!

症状が酷くなければエンジンオイルの粘度を上げてみるのもひとつ手段。オイルを硬くすることで、オイル上りであればピストンリング、オイル下がりであればバルブシールの隙間の気密性が上がり対策できる場合もあるのです。

修理費用を気にする前に添加剤をインストール

オイル上がりもオイル下がりでも、どちらも部品そのものを交換する以外決定的な対策がないのが現状です。オイル上がりであればピストンリングの洗浄と交換となりエンジンを降ろしての作業。オイル下がりの場合でも、バルブシールの交換ではエンジンヘッド降ろす必要があるからです。

いずれもそれなりの作業が発生するため工賃も……。そこでもし症状が軽いのであれば添加剤をインストールしてみるのもアリ。決定打とはなりませんが一時的な改善が見込める可能性も!!

出典:楽天市場【エンジンパワーシールド EPS】

オイル下がりやオイル上りに人気のオイル添加剤

ワコーズ エンジンパワーシールド EPS

おすすめポイント

・オイル漏れを防止する膨潤剤配合
・ダイラタント流体ポリマー採用
・リキッドセラミックステクノロジー採用

BARDAHL(バーダル) エンジンストップリーク ESL

おすすめポイント

・パッキンやガスケットの柔軟性を回復
・オイルシールからの漏れや滲みを防止&減少
・ポーラーアトラクション被膜でエンジンコーティング

RISLONE(リスローン) バルブシールリペア

おすすめポイント

・バルブシールの硬化やブローバイガス制御
・バブルガイドの摩耗やオイル消費対策に
・高分子ポリマーとバルブシール復元剤配合

PLUS91 OIL SEALANT

おすすめポイント

・リキシロン粒子とパラフィンオイルのニュータイプ
・フリクションロス減少によるレスポンスアップ
・オイル下がりによる白煙の防止

PITWORK(ピットワーク) NC81

おすすめポイント

・日産純正のオイル止め剤
・オイル下がり制御&ブローバイガス制御
・フリクションロス&メカニカルノイズ低減

定期的なオイル交換と日々のメンテナンスが重要

出典:pixabay

オイル上がりにしてもオイル下がりにしても日頃からのメンテナンスが非常に重要です。定期的なオイル交換はもちろんのこと、白煙を吐いたりエンジンオイル量が少なくなったと思ったらディーラーなどプロのメカニックに診断してもらいましょう。早めの処置が重要なポイント!! 大事なクルマだけに日々の変化を見逃さないでくださいね。