ストラーダ―で大人気のFシリーズの2020年モデル。フローティング構造が実現した2DINでの大画面化が相変らずスポットライトを浴びてます。多くのクルマに大画面が搭載できる次世代スタイルのナビゲーションシステムなのです。

既存のサイズを超えて大画面モニターを搭載可能

装着可能車種400以上♡一歩先ゆくビッグモニター

出典:楽天市場【CN-F1X10BD】

インダッシュタイプのカーナビの場合、設置できる限界サイズが物理的に決まってしまいます。その問題をクリアしたのがフローティング構造。規格的には2DINになるものの、モニターを一歩手前に浮かせることで、規格サイズに捕らわれることなく大型モニターを搭載することができたのです。

小さなクルマでもインパネサイズを気にすることなく、ビックモニターを搭載するならフローティング構造は外せません。もうクルマのサイズにこだわることなく大画面をチョイスできるのです。

出典:楽天市場【CN-F1X10BD】

ボディサイズはそのままで狭額縁による大画面

ブラッシュアップは最新ナビのアドバンテージ

出典:楽天市場【CN-F1X10BD】

大画面がセールスポイントのストラーダのFシリーズを、2020年モデルではさらにブラッシュアップ。その中でも目を引くのが狭額縁化による大画面化。大画面化された「CN-F1X10BD」と「CN-F1X10D」、 9V型のサイズを維持した「CN-F1D9D」の3モデルがリリース。

10V型の大画面化はストラーダ史上初とのこと。もはやタブレットがそこに搭載されているかのようなビックサイズに進化。地図はもちろん、映画や地デジなどあらゆる情報をより大きな画面で楽しめますね。
2DINという制約がある中で、9V型や10V型のモニターを実現しているのはフローティング構造だからこそのアドバンテージなのです。

Panasonic Strada 2020年 最新3モデル

CN-F1X10BD ブルーレイ対応モデル

おすすめポイント

・ストラーダのフラグシップモデル
・ブルーレイ対応ならコレ
・全部入りカーナビシステム

CN-F1X10D 高画質DVDモデル

おすすめポイント

・10V型の大画面が2DINで実現できる
・地デジもDVDも高画質
・フローティング構造が実現する大画面

CN-F1D9D

おすすめポイント

・振り向くスイングディスプレイ
・9V型でDVDも地デジもOK
・400車種以上に取り付け可能

とにかく大画面のナビが欲しいならフローティングナビ

2DINに大画面ナビが搭載できるフローティング構造のストラーダのFシリーズ。コンパクトカーでもサイズに縛られることなく大画面ナビが搭載可能。大型モニターで見やすく、そしてプレミムな時間を過ごせる「パナソニック ストラーダ Fシリーズ」。とにかく大画面を搭載したいならチョイスするべきナビとしておすすめです。