ボディコーティングの下地処理に必要になるのが洗車時の鉄分除去。いろいろなクリーナーが発売されていますが、いま話題になっているのが日産ブランドの「PITWORK(ピットワーク)強力鉄分除去クリーナー」。瞬時に鉄分が除去されるというところがこの商品のスゴイところ。ホイールのブレーキダストも簡単に除去できる優れものがコレ。

クルマのボディやホイールに鉄分が付着する原因

ブレーキダストや電車の車輪の削れがその理由

クルマの洗車時にボディがザラついた経験はありませんか。きっとそれはボディに付着した鉄分。付着というよりもボディに突き刺さっている状態のため、洗車だけでは簡単に落とせないのが厄介なところ。

そもそも鉄分は、ブレーキのダストや電車の車輪の削れなどが飛来することが原因とされています。そのためクルマの通りの激しいエリアや線路付近に駐車している場合などは目立って鉄分が付着してしまいます。

そのままにしておくと……

酸化がはじまりサビの原因に!

鉄分を気にせずそのままの状態にしておくと、大気中の酸素や雨などの水により酸化がはじまってしまいます。酸化することで起こる問題がサビ。ボディが少しずつダメージを受け、最終的には再塗装ということも……。

また、ボディコーティング時に鉄分をきちんと除去しない状態でコーティングすると……、予想はつきますね。いずれも定期的に鉄分を除去してあげる必要があるのです。

鉄分除去にはトラップ粘土が一般的

トラップ粘土を手間に感じるならクリーナーも◎

洗車時の鉄分除去にはトラップ粘土やクリーナーを利用するのが一般的。トラップ粘土はボディが濡れた状態でやさしく滑らすように擦ります。しかしボディ全体に施行しなければならいため手間が掛かるのがデメリット。

汚れた粘土を使い続けるとボディにキズが付けてしまうことも考えられます。それらを懸念するならクリーナーを使ってみるのもいいかもしれませんね。

簡単作業のピットワーク 強力鉄分除去クリーナー

鉄分に反応し紫色に変化するのが分かりやすい

出典:Amazon【PITWORK(ピットワーク) 】

日産が発売する鉄分除去クリーナーで人気の「PITWORK 強力鉄分除去クリーナー」。吹き付けるだけで簡単に鉄分が除去できると、いま話題のクリーナーのひとつ。

洗車後、濡れた状態でボディに吹き付けるだけの簡単施工。スプレーするとボディに付着している鉄分が化学反応し徐々に紫色に変化します。どれだけ鉄分が付着していたかがビジュアル的にわかるのもピットワークの施工メリット。最後に水で洗い流せば作業完了です。

ゴムやメッキもスプレー可能!但し注意点もアリ

「PITWORK(ピットワーク)強力鉄分除去クリーナー」の使いやすいポイントは、ゴムやメッキ、プラスティックやガラスにも影響がないところ。ボディ以外でも使えるところは有難いですね。但し、再塗装した塗装面はシミになることがあるらしく、イエロー系の顔料に反応して変色を起こすことがあるそうですので、注意事項をよく読み使用してくださいね。

PITWORK ピットワーク 強力鉄分除去クリーナー

NISSANが発売する鉄分除去がコレ

おすすめポイント

・洗車後にスプレーして洗い流すだけ
・鉄分が反応して紫色に化学変化で汚れ具合が目で見れる
・日産ブランドの鉄分除去クリーナー

鉄分を見逃さず定期的なメンテナンスが幸せに!

出典:Amazon【PITWORK(ピットワーク) 】

そのままにしておくとボディが痛む原因になる鉄分の付着。そのまま強固なガラスコーティングをした日には……。そのためにも定期的なメンテナンスが欠かせませんね。ボディにザラつきを感じたら 、鉄分付着が見て取れる「PITWORK(ピットワーク)強力鉄分除去クリーナー」 を試してみてください。