ベントレーマリナーより、新型フライングスーパー「マリナー」が発表。究極の4ドアラグジュアリーは初のハイブリッド式も用意。いまベントレーから目が離せない!!

フライングスパーの頂点であるエレガントセダン

優雅なマリナー独自の電動式ピクニックテーブルも装備

出典:PR TIMES

カリフォルニアの「モントレー・カー・ウィーク」にて、ベントレーのコーチビルダーであるベントレーマリナーが手掛けた史上最高にラグジュアリーなフライングスパー「新型フライングスパー マリナー」を発表。フライングスパーシリーズの頂点に位置するこのマリナーは、専用22インチの巨大なホイールに、車輪が回転しても角度が変らない仕組みの「セルフレベリングホイールキャップ」を搭載。

イルミネーション付きのアウタートレッドプレートやパイルのオーバーマット、運転席にはアクセントカラーのパイピングに手縫いシートに独自の刺繍があしらわれており、ベントレーローテーションディスプレイやヒーター付きデュオトーン3スポークステアリングホイール、パノラマ式サンルーフなどにより高級感が高められているのです。「ダイヤモンド・イン・ダイヤモンド」のインテリアキルティングには開発に18ヵ月もかかっているのだそう。

パワートレーンには、ベントレーのV8、W12、そして新型V6ハイブリッドがラインナップ。ツインターボの6.0リッターW12では0-100km/hが3.8秒、新型V6ハイブリッドでは0-100km/h加速がなんと4.3秒にもなるのだそう。日本でのデリバリーは2022年第二四半期を予定しているそうですので、近い将来このクルマを目にすることがあるかもしれませんね。もちろん背もたれ裏側には、マリナー独自の電動式ピクニックテーブルが装備されているそうです。

出典:PR TIMES
出典:PR TIMES
出典:PR TIMES

記事元:PR TIMES
画像元:PR TIMES