ソニー損害保険株式会社が行った全国1,000名を対象に行った「全国カーライフ実態調査」の結果が発表。年間の走行距離やクルマの維持費に興味深々。やっぱり燃料代に対する負担感増!!

クルマを運転する男女にインターネットリサーチ

月に1回以上クルマを運転する18歳から59歳を対象に調査

出典:PR TIMES

ソニー損害保険株式会社は、全国の18歳から59歳までの月1回以上クルマを運転する男女1,000名にインターネットによる「全国カーライフ実態調査」の結果を発表。この結果で興味深いのが1ヵ月あたりのクルマの維持費。軽自動車とコンパクトカーではそれほど大きく違わないこと。ステーションワゴンとくらべると月5,000円とそれなりの違いはあるものの、ボディサイズを考えると……。

また、年間の走行距離にも注目です。10代でも50代でも走行距離に違いがなく、いずれも6,000kmと意外にも少ないこと。土日メインのドライバーが多いことは理解していたものの、もう少し距離は行くかと思っていました。ガソリン代高騰の影響もあるのかもしれませんね。

出典:PR TIMES

クルマの諸経費で負担に感じるところが税金や車検というところには納得。ガソリン代に対する負担感もそれなりですね。やはりクルマ所持には定期的にかかる維持費のファクターは大きいということ。とにかく原油価格の下落を願うと同時にリーズナブルなEV車の登場に期待です。こういうアンケートってホント勉強になりますね。

【ソニー損害保険株式会社のサイト】
https://www.sonysonpo.co.jp/auto/

【出典元】
ソニー損害保険株式会社

記事元:PR TIMES
画像元:PR TIMES