最近なにかとニュースで目にするリレーアタック。大事な愛車を盗難されたらたまりませんね。でもそもそもリレーアタックとは一体どんな手口なのでしょうか。そこでリレーアタックの仕組みから防犯対策グッズまで詳しく紹介いたします。

リレーアタックとは?どんな手口なの?

スマートキーの仕組みを悪用した手口

盗難の手口として話題になっているリレーアタック。現在多くのクルマで採用されているスマートキーがターゲットになっています。スマートキーとはキー本体がドアノブに違づくことで解錠されるもの。クルマから1m程度の範囲内にあるとき開錠や施錠が可能になります。

その特性を悪用した手口がリレーアタックなのです。 リモコンから出ている微弱な電波を中継器を使いあたかもクルマの近隣にキーがあるようにふるまうのです。それによりクルマはキーがあると勘違いをし開錠してしまうということ。

出典:pixabay

怪しい行動を見たらすぐ通報!

リレーアタックにはいくつか決まった行動が報告されています。主に目立った点はクルマから出る微弱電波の受信装置。犯行グループは複数人と考えられ、キーから発信される微弱電波を拾うためのアンテナを利用しているとのこと。

アンテナを持ちクルマのキーの電波を受信する

犯行グループの一人はクルマのキーに近づきアンテナが付いた機器で電波を受信します。

受信した電波を増幅し仲間に送信

受信した電波を増幅させクルマの傍にいる仲間に送信。 そのためキーとクルマが離れていたとしても中継役が複数人いれば理屈的には100メートル以上でも届くのだそう。

クルマの傍で受信した電波でクルマを騙す

受信した機器から発信される微弱電波でクルマはそこにキーがあるかのような勘違いをし開錠してしまうのです。もちろんエンジンの始動も可能になるそうです。

リレーアタックからクルマを守るには?

そもそもリレーアタックはキーが発する微弱電波を悪用した手口だけに、元を断つのが現状考えられる有効な対策といえるでしょう。

スマートキーの電波をオフにする

最近ではスマートキーの節電モード機能が付いているものもあります。自分のスマートキーが対応しているかはディーラーや販売店に確認してみてください。

リレーアタック対策盗難防止装置を取り付ける

いくつかのメーカーからは、すでにリレーアタック対策盗難防止装置がリリースされていますので気になる人はチェックしてみましょう。

微弱電波をカット!キーケースやポーチで盗難対策

微弱電波を発するキー本体を専用ケースに入れ電波を遮断するという発想の商品。通常のキーケースとは違い電波を遮断できる素材で覆われているのが特徴です。ある意味もっとも手軽といえるのかもしれません。

リレーアタック対策用おすすめキーケース

1.サイズ感よし!2個セットで2台持ちにベスト

おすすめポイント

・2台持ちならベストプライス
・カバンにいれても嵩張らない薄さが◎

2.ポケット付きで使い分け自由自在

おすすめポイント

・遮断ありなし2つのポケットで使い分け
・便利なストラップで出し入れ自在

3.大き目のポーチサイズでまとめて遮断

おすすめポイント

・複数のキーを入れるならこれ
・スマホを入れると圏外に!

できることから徹底し愛車をリレーアタックから守る!

出典:楽天市場【 リレーアタック対策 リレーアタック キーケース 】

いろいろ出てくるクルマの窃盗手口。考えただけでもゾッとしてしまいますね。そのためにもリレーアタックを理解しできることから対策を。自分のクルマは自分で守るよう日頃から心がけてください。