公開日 2022年3月14日 最終更新日 2022年3月14日

廃車を考えているならその手続き理解していますか? 費用や申請書などの必要書類の事前準備が非常に重要。そこで廃車に係る流れなど詳しく解説いたします。もしかしたら廃車による還付金が貰えるかもしれませんよ!!

そもそも廃車とは?

クルマの抹消手続きが「廃車」ということ

出典:pixabay

所有しているクルマが壊れたり動かなくなったりした場合、「廃車」という手続きが必要になってきます。廃車とはクルマの抹消手続きのこと。廃車というと解体されて終わりというイメージがありますがそれだけでは廃車になりません。廃車をするには管轄の陸運支局で抹消登録の手続きが必要となり、それが終わってはじめて「廃車」になるのです。

もっとも買ったばかりの新車でも不具合の無いクルマでも廃車手続きは可能。但し廃車後は公道の走行は不可となり、名義がある状態のみ公道走行が許されるということ。

手続きの流れと必要書類|3通りあることを理解する

「永久抹消登録」に「一時抹消登録」そして「輸出抹消登録」

出典:pixabay

一概に廃車といっても3通りのパターンが存在します。「永久抹消登録」に「一時抹消登録」そして「輸出抹消登録」。それら状況により処理方法が変ってくることを覚えておきましょう。

永久抹消登録とは?

クルマが壊れたり事故を起こしたり、また解体した状態であるものなどを処理する場合は「永久抹消」となります。一般的な廃車のイメージがこの抹消登録であり、解体する必要がでてきます。一度手続きを行うと二度ともとに戻すことができないことを理解しておきましょう。

永久抹消登録の必要資料

・永久抹消申請書
・クルマの所有者の印鑑証明
・クルマの所有者の委任状
・自動車検証
・クルマについているナンバープレート
・解体日が記載された報告書(解体されている場合)
・移動報告番号(解体されている場合)
・永久抹消登録申請書(個人で申請する場合)
・手数料の納付書(個人で申請する場合)
・自動車税自動車取得税の申告書(個人で申請する場合)

一時抹消登録とは?

一時抹消とは、その名の通り一時的にクルマを使用しない場合などに行う手続きとなります。要するにそのクルマに乗る可能性がある場合は一時抹消となるのです。それにより自動車税の支払い義務がなくなることがメリット。もちろんその間はクルマを使用することができませんので注意が必要です。また再度利用する場合は中古車新規登録をする必要がでてくることも覚えておいてくださいね。

一時抹消登録の必要資料

・一時抹消申請書
・クルマの所有者の印鑑証明
・クルマの所有者の委任状
・自動車検証
・クルマについているナンバープレート
・手数料の納付書(個人で申請する場合)
・自動車税自動車取得税の申告書(個人で申請する場合)

輸出抹消登録とは?

いま乗っているクルマを輸出する場合に必要な手続きが「輸出抹消登録」になります。輸出抹消登録のメリットとしては、自動車リサイクル税の支払い免除に加え支払い済み分の還付があるといところ。但しこの輸出抹消登録は一般の人ではレアケースとなり、この手続きを行うことは少ないでしょう。

還付金がある場合もあり♡車検の残りを意識する!!

永久抹消での自動車税還付(車検が1ヵ月以上残っている場合)

出典:pixabay

永久抹消登録の際、車検が1ヵ月以上残っている場合は、納付済み自動車重量税の残月分の還付を受けることが可能となり、永久抹消登録申請又は解体届出と同時に還付申請をする必要があります。申請をする場合は、所有者のマイナンバーカードor通知カードもしくは個人番号の記載がある住民票及び金融機関名と振り込み口座情報があればOK。代理人に依頼する場合は別途委任状の用意が必要です。

また、一時抹消登録の場合は重量税の還付はありません。一時抹消登録をしたクルマを永久抹消登録すれば還付は可能。いずれも車検が1ヵ月未満となる場合は還付されないので覚えておいてくださいね。

ポイント

・車検までの残り期間を意識する
・永久抹消登録で1ヵ月以上車検が残っていれば還付可能

自賠責保険の解約により還付金を受け取ることも可能

クルマを廃車にする場合、自動車保険の解約により還付金を受け取るができます。但し保険の有効期限が1ヵ月以上あることが前提となりますので、廃車をした場合は保険会社に連絡し解約申請の手続きを忘れずに行ってください。

廃車費用はどれくらい? 個人と業者のどっちが得?

個人で廃車手続きすれば普通自動車で2万円から4万円程度

出典:pixabay

気になるのが廃車にかかる費用ですね。一般的に個人で廃車手続きを行えば普通車で2万円から4万円程度と考えておけばいいでしょう。ただし個人申請を手間に感じるならディーラーや専門業者に依頼するのが便利。ディーラーの場合はだいたい8万程度といわれているため、安く済ませたいなら廃車専門業者がおすすめです。

ポイント

・個人で廃車をするなら2万円から4万円程度
・ディーラーに依頼するなら8万円程度が目安

廃車するならやっぱり廃車買取専門業者がGood

廃車専門業者なら買取りしてくれる可能性も!!

出典:pixabay

廃車だけを考えるならWebで簡単に査定ができる専門業者がいいでしょう。多くの廃車買取業者がありますが最近ではWebで簡単見積が可能。思わぬ金額を提示してくてることも!! 廃車だからとあきらめていたなら一度試してみる価値はありますね。なんていってもスマートな手続きは魅力でしょう。

ポイント

・手続きが面倒なら専門業者へ依頼がスマート
・メールフォームでカンタン見積り廃車専門業者を活用

廃車でお金を取られるなら調べてみる価値アリ!!

出典:pixabay

動かなくなったクルマでも重量税や自賠責保険の還付がされる場合もあるので、それらを意識して廃車手続きを行いましょう。廃車専門買取業者なら想像以上の高値で買取してくれることも!! そのためにも廃車するクルマの価値をしっかり調べることからはじめてみてくださいね。もちろん勉強の意味でも自分で廃車手続きするのもアリですよ!!