意外と知られていないのが気温によるタイヤの空気圧変化。日本は四季があり夏と冬では大きく気温が違います。そうなると当然タイヤの空気圧にも影響がでてきます。そのためにも季節の変わり目に空気圧のチェックが必要なのです。

タイヤの空気圧は季節で結構違うもの

外気温によって膨張収縮する空気

外気温が高くなればタイヤの空気圧も高くなります。気温によって空気は膨張・収縮するのがその理由。夏に合わせた空気圧も、気温が下がる冬には規定より低くなってしまうのです。
そのため季節の変わり目には空気圧をチェックするのが理想的。空気圧が低いと偏摩耗によりバーストをおこしかねないため定期的なチェックを行いましょう。

最低でも月に1回タイヤの空気圧チェック!

気候による温度差って意外にあるもの

出典:楽天市場:AP タイヤゲージ

気温の変化はかならずしも季節ごととはかりぎません。気候によっても大きく変わりるもの。空気圧のチェックは月に1回は必ずおこなうようにしてくださいね。

POINT

気候によっても気温差は結構大きい

タイヤの空気圧によるトラブル|基準値をチェック

低すぎず高すぎず!規定通りの空気圧が大事

空気圧は高すぎても低すぎてもいけません。高すぎるとセンター部の摩耗がおこります。また、低すぎるとショルダー部が摩耗してしまいます。いずれも偏摩耗であり異常摩耗です。それによりひび割れやキズなどによりバースト圧制の原因にもつながります。マメなチェックと基準通りの空気圧を心掛けましょう。

持っていると便利なタイヤエアゲージ

1. BLITZ ブリッツ エアゲージ 13969

おすすめポイント

・ブリッツ製の見やすいシンプル設計
・カーボンフェースにレーシーデザイン
・360度可動式チェックとステンレスメッシュホース採用

2. エーモン エアゲージ ラバープロテクト付

おすすめポイント

・ガジェット感満載のエアゲージ
・この価格で500kPA
・デザイン性も兼ね備えたラバープロテクト

3. レイズレーシングエアーゲージ ライト R-RAG50

おすすめポイント

・高精度なレーシングエアゲージ
・500kPaまでの測定が可能
・誤差±8.0kPaの本格派

4. アストロプロダクツ タイヤゲージ

おすすめポイント

・CP抜群のコンパクトエアゲージ
・測定範囲~400kPa
・リリースボタン有り

5. 大橋産業 エアゲージ 1224

おすすめポイント

・ダイヤフラム式
・測定範囲50~400kPa
・測定値保持機能付き

気温の違いを感じたら空気圧の確認を!

出典:pixabay

季節の変わり目に空気圧をチェックするには、日々の気温差によるタイヤ空気圧への意識がとても大事。少し暑くなったと感じてもチェック、涼しくなったと感じてもチェックですね。特にオールシーズン同じタイヤを履きつづける人は注意しましょう。