小さいお子さんを乗せるにはチャイルドシートが義務付けられています。でもクルマの乗り換えなどでの取り外しはとても大変。そんな人におすすめしたいのが携帯型幼児用ベルト「スマートキッズベルト」。世界で認められた「スマートキッズベルト」の付け方から特徴まで詳しく紹介いたします。

人気のスマートキッズベルトとは?

ポーランドで開発された子供向けシートベルト

スマートキッズベルトとは、簡易型のシートベルトとしてポーランドで開発された子供向けシートベルトのこと。一般的なチャイルドシートと違い場所を取らないところが人気の理由。その重量たったの120gというのですから驚きです。

ヨーロッパやアメリカ基準の厳しいテストに合格していることもあり安全認証も取得済みの商品。国内でもEマーク適合として認められているところが◎

スマートキッズベルトの特徴とメリット

欧州や米国でのクラッシュテストをクリアした安全性

スマートキッズベルトの重要なポイントが安全性。「EC ECE R44」「US FMVSS 213」のクラッシュテストをクリアしているところは重要なポイントです。子どもを乗せるだけにここはしっかり抑えておくべきですね。

出典:楽天市場【 メテオAPAC スマートキッズベルト B3033】

チャイルドシートに比べ圧倒的な軽量化

なんといっても軽量化というところが魅力でしょう。一般的なのチャイルドシートと比べたらその軽さは圧倒的ですね。メーンはいつものチャイルドシートを、タクシーやレンタカーではスマートキッズベルトを利用するのもいいかもしれません。

全てのクルマに装着できるスマートキッズ

クルマにシートベルトが装着されていれば、基本的にはどんなクルマでも利用可能。フットワークよくフレキシブルに使えるのがスマートキッズベルトのメリットですね。

使い方も超カンタン!シートベルとに固定するだけ

クリップ固定2箇所と長さ調整のみ

出典:楽天市場【 メテオAPAC スマートキッズベルト B3033】

取り付け方も超カンタン。下部をシートベルとに固定し、長さを調整したら上部のクリップを固定するだけ。クルマ標準のシートベルトに固定すればOKです。それだけであっという間に子どもに合ったサイズのシートベルトが完成します。

助手席での利用は非推奨!利用は後部座席で

スマートキッズベルトは助手席での利用は非推奨となっていますので注意してくください。助手席の場合エアバックでの大きな衝撃を受ける可能性があるのがその理由。子どもの安全も考え後部座席での利用を守りましょう。

そもそもチャイルドシート着用義務って?

6歳未満には幼児用補助装置の装着が義務

道路交通法の改正により、2000年から義務付けられたチャイルドシート。6歳未満の子どもを乗せる際に幼児用補助装置(チャイルドシート)の装着が義務付けられました。現状では罰則についての反則金はありませんが、交通違反点数は1点の加算となってしまいます。

超軽量なスマートキッズベルトで安心安全

手軽に使える子供用シートベルトが◎

METEOR SmartKidBelt

メテオ スマートキッズベルト

どんなシーンでも子どもの安全を守る

いかなるシーンでも子どもの安全を守るのが親の義務ですね。それはタクシーでもレンタカーでも同じこと。そのためにも軽量で扱いやすいスマートキッズベルトを検討してはいかがでしょうか。小さなお子さんがいらっしゃる人は、ぜひチェックしてみてくださいね。