長年クルマに乗っているとハンドルもそれなりに疲れてきますね。もしそうならステアリングカバー(ハンドルカバー)を装着してみてはいかがでしょうか。でもそどうせチョイスするならスパルコなんてお洒落なのでは?

ハンドルの劣化が気になってきたら装着もアリ

劣化予防にもGood♡ステアリングカバーのメリットがコレ

出典:楽天市場【ブルー/SPC1108AZJS】

クルマに乗り続けるほどに劣化してくるステアリング表面。ツルツルになればなるほどグリップ力は落ちてくるもの……。もちろんハンドル交換もいいと思いますが敷居が高いのも事実ですね。そんなときはステアリングカバー(ハンドルカバー)を試してみてはいかがでしょうか。

ステアリングカバーとは、その名のとおりハンドルに被せるカバーのこと。ハンドルのグリップ調整や劣化防止にも役立ちます。なにより疲れたハンドルに被せるだけでそれらを覆い隠してくれるのもメリット。夏場での手汗の吸収やハンドル高温緩和にも便利ですね。
ハンドルカバーといってもいろいろありますが、どうせならモータースポーツ関連で有名なイタリアのSPARCO(スパルコ)で決めてみませんか? クルマ関連のパーツを多く手掛けるスパルコだけに存在感が違いますよ。

簡易的な装着だけに後つけ感が最大のデメリット

出典:楽天市場【スエード SPC1112BKJ_S】

ステアリングカバーのデメリットといえばどうしても目につく後つけ感……。純正のハンドルに被せる簡易装着だけにやむ負えないポイントですね。また、純正ハンドルにくらべて太くなるのもデメリットのひとつ。現状でジャストなサイズ感であればそれらを踏まえて検討する必要があるのです。

SPARCOステアリングカバーおすすめがコレ

1. コルサ スエード SPC1112

2. コルサ フラットボトム SPC1118

3. コルサ スエード SPC1108

4. コルサ リングレス SPS900

5. コルサ リングレス SPS902

6. コルサ SPC1113

7. コルサ SPC1109

おすすめポイント

・疲れたハンドルにはステアリングカバー
・ハンドルの劣化予防にもGood
・スパルコロゴの存在感が超クール

緩すぎはNG☆ハンドルサイズを要チェック!!

出典:楽天市場【ブラック SPC1113BKJ_S】

ハンドルに被せるステアリングカバーはサイズ感が非常に重要。緩すぎるとハンドルカバーだけが回ってしまうなんてことも……。ハンドルカバーにはそれぞれサイズが記載されているため、実車にあったステアリングカバーをチョイスしてくださいね。クルマで一番触れるパーツだけにフィットした感覚を追求してみてはいかがでしょうか。製品によっては本革仕様のハンドルには装着できない場合もありますのでそれらチェックも忘れずに!!