冬のキャンプやスノーボードに欠かせないのがスタッドレスタイヤ。冬を満喫する人には無くてはならないものですね。でもスタッドレスタイヤの寿命って意識したことありますか。そこでスタッドレスタイヤの寿命や保管方法など詳しく紹介いたします。

スタドレスタイヤの特徴とサマータイヤの比較

スタッドレスタイヤが滑りにくい理由!それが「水はけ」

そもそも雪上でサマータイヤが滑る理由は、雪から溶け出した水がつくる水膜。そのためスタッドレスタイヤは、しなやかなゴムを使い独自のトレッドデザインにより、水をはけ能力が高いのです。
また、サマータイヤに比べ柔らかく、低温でも固くなりにくい特性のゴムを利用しています。 そのため、氷上と密着性が上がり摩擦が増えることで滑りにくくなるのです。

POINT

スタッドレスタイヤは水はけのよさが超重要

ここがスゴイ|スタッドレスタイヤのメリット

サマータイヤに比べ優れた積雪・凍結路面での走行性能

やはりスタッドレスタイヤは、サマータイヤに比べ圧倒的に積雪・凍結路面での走行性能が高いのがメリット。サマータイヤでは走行できない冬の雪道を安心して走行できるのはスタッドレスタイヤだからこそ。

チェーン装着の手間は必要なし

チェーン規制が実地された道路でも、スタッドレスタイヤであれば通行が許されます。わざわざチェーンを装着する手間が省けるのは大きなメリットといえるでしょう。但し、チェーン規制は都道府県により条例が変わってくるため、スタッドレスタイヤでもNGの場合があるので注意してください。

これがネック……|スタッドレスタイヤのデメリット

乗り心地と寿命の短さ

スタッドタイヤは特性上サマータイヤに比べ柔らかいため、コーナリングの安定性が悪くグリップ力が低下してしまいます。乗り心地もフワフワした感じがするのもスタッドレスタイヤのデメリット。また、寿命の短さも非常にネックなポイント。タイヤが柔らかいため雪の無い道路を走行すると熱や摩擦で摩耗が増えてしまいます。

スタッドレスタイヤの寿命は3年から4年程度

スタッドレスタイヤは年々ゴムが硬化していきます。そのため、3年から4年程度が寿命といわれています。使用した距離などではなく、ゴムそのものの寿命が短いということ。ゴムの柔らかさがひとつの目安になるでしょう。

燃費の悪さが致命的

サマータイヤに対して抵抗が大きいスタッドレスタイヤは、どうしても燃費が悪くなってしまいます。最近では省燃費なスタッドレスタイヤも発売されていますが、サマータイヤと比べればどうしても悪化してしまうはず。そのため、必要なシーズンのみスタッドレスタイヤにすることをおすすめします。

出典:pixabay

TPO?必要なときだけレンタルできるサービスが◎

こんなサービス待っていた!年数回ならレンタルが最適

スタッドレスタイヤを履くのは年間に数回程度、という人に最適なサービスがスタッドレスタイヤのレンタル。そのままのクルマでショップに行き、クルマに合ったサイズのスタッドレスを取り付けてくれるのです。もちろんホール付きとなりますので取り換えのみでレスポンシブ。

その間、自分のサマータイヤとホイールはショップで保管してくれるので安心ですね。帰りがけにショップで元のタイヤに付け替えてもらえば終了。自分のクルマでウィンタースポーツを満喫したい人にはおすすめです。

POINT

利用頻度の少ない人は検討する価値アリ

スタッドレスタイヤの保管方法

ちょとした心がけで変わるタイヤの寿命

シーズンが終わった後のスタッドレスタイヤはどのように保管していますか。スタッドレスタイヤの寿命は保管によっても大きく変わってきますので、きちんとした保管を心がけてください。

  • 水洗いなどで泥や汚れをキレイに落とす
  • ホイールつきなら空気を半分程度抜く
  • 変形を回避するため横置きに積み重ねるように置く
  • タイヤ用の保管カバーをかける
  • 湿気が少なく直射日光があたらない場所に保管

冬のクルマに頼れるアイテム!それが「スタッドレスタイヤ」

出典:pixabay

急な雪になれないチェーンを取り付けている人も少なくありません。でも、できればスマートにドライブを楽しみたいもの。そのためにも雪の多いエリアに行くことがある人はスタッドレスタイヤを検討してみてはいかがでしょうか。