カーショップなどでタイヤ交換のときに進められる窒素ガス。入れるべきか悩んむ人も多いはず。そもそも窒素ガスってどんなメリットがあるのでしょうか。そこで窒素ガスのメリットやデメリットをわかりやすく解説いたします。

窒素ガスとは?どんなもの?

空気中に含まれている身近な物質

窒素とは不燃性で不活性の無色透明な気体のこと。空気中にも多く含まれており約80%が窒素。窒素ガスといわれると聞き慣れませんが、とても身近にある物質になるのです。

メリットとデメリット|窒素ガスの特性を知る

窒素ガスのメリット

空気が減りにくい

タイヤ内の空気には多くの酸素が含まれています。窒素は酸素に比べてゴムを通り抜けにくく、空気が減りにくいことが一番のメリットです。

パーツの長寿命化

酸素は水分を含むことで酸化します。その酸素を含まない窒素ガスだけに酸化を防ぐことが可能。ホイールなどのパーツのサビや劣化を防ぐことができるのも魅力ですね。

発火や炎上の対策にも◎

窒素は不燃性のため、事故などによりタイヤの発火を抑えることができます。通常走行はもちろんですが、レースやサーキット走行などにもよさそうです。

窒素ガスのデメリット

コストが発生する!有料での空気補充

一般的にタイヤのエアーというと、ガソリンスタンドやカーショップで補充してもらいますね。通常の空気であればほとんどが無料のはず。しかし窒素ガスの補充には費用が発生してしまいます。1本500円程度ではありますが、継続して補充するとなると負担になることはいうまでもありませんね。

窒素ガスを入れたタイヤに空気補充はあり?

問題なし!なぜなら空気の80%は窒素だから

窒素ガスを入れたタイヤで悩むところがエアー補充。窒素ガスを入れたタイヤに空気を補充しても大丈夫? と思っている人も多いですね。結論からいうと問題はありません。もともと空気の約80%が窒素になるため混合しても問題なし。でもせかっく窒素を入れたタイヤに空気を入れるのは勿体ないですね。

細かい所にこだわるのがクルマ好き!

出典:pixabay

もともと多くの窒素を含んだ空気だけに、その違いに気づくことはなさそうです。でも細かいところにこだわるのがクルマ好き。まだ一度も入れたことがない人は試してみるのもいいかもしれませんね。