日々クルマを運転していると、いろいろなシーンに遭遇するものです。集中していたつもりでも、ヒヤッとした経験は多いのではないでしょうか。そんなとき心強いサポーターになってくれるのが「保険」ですね。その中でも意外に入っている人が少ない「車両保険」についてわかりやすく解説いたします。大事なクルマだけに知っておくと便利かもしれませんよ。

そもそも車両保険ってどんな保険?

対物に対しての保証があるのが「車両保険」

クルマを所有するにはいくつもの保険に加入するものです。強制的に加入が義務付けられる自賠責保険は、ドライバーを救済してもらえるとても重要な保険です。人身事故による損害には、なくてはならない保険になります。
しかし自賠責保険はあくまで人間に対して支払われる保険となり、対物に対しての保証はありません。対物についても保険をかけたい場合は、任意保険に別途加入する必要があります。

しかしながら任意保険に加入しても、車両保険までは必要ないと考える人も少なくありません。車両保険とは、なんらかの事故により自損をしてしまった場合におりる保険のこと。
自分でクルマをぶつけた場合や、いたずらされた場合がそれにあたります。修理代が数十万円におよぶ被害などにはとても有効な保険だと思います。

こんな場合は必要性あり|見落としがちなポイント

相手の保険で賄えない割合分を賄える

自動車保険のメリットは自損以外もあることを覚えておきましょう。相手がいる事故にはかならず過失割合があるもの。その割合に応じて支払い金額が決まります。相手の割合分については、相手の対物賠償保険より支払われますが、それですべて賄えない場合もあるのも事実。そんなときは車両保険が自分の過失分を補ってくれるのも大きなメリットといえますね。

POINT

過失割合を意識する

覚えておくべき免責金額|車両保険でも負担あり

車両保険を使うには免責額の負担が必要

多くの車両保険には免責といわれる金額がきまっています。免責金額とは、車両保険で賄う全額に対して自己負担をしなければならない金額のこと。たとえば修理代に40万円かかる場合、免責額5万円の保険契約であれば、車両保険を適用して修理をする場合、利用者が5万円を負担しなければなりません。
保険会社によって免責金額は違ってきますので、加入するときは免責金額も同時に確認するようにしましょう。

自然災害や盗難にも安心な車両保険が◎

自賠責保険では保証なしでも車両保険なら大丈夫

車両保険は自損ということから事故のイメージが強と思いますが、自動車保険は自損以外にも自然災害などでも役立ってくれるのです。たとえば台風で飛んできた瓦によりクルマにキズが付いたなんてケースも車両保険の対象に。大雨による水没にも車両保険が役立てくれるのです。

また、最近ニュースでも騒がれている盗難も保証対象になるのが車両保険のメリットのひとつ。泣き寝入りせざるおえない状況でも車両保険に加入していれば安心感が違いますね。

車両保険の等級の考え方|

使えば等級ダウンはやむおえず

車両保険も一般的な保険同様、使用することで等級がダウンしてしまいます。保険会社により等級は変わってきますが、いずれもダウンすることは覚悟する必要がありそうです。免責金額だけではなく、等級の階級も意識し車両保険を適用するかを判断することをおすすめします。

POINT

免責金額以外にも等級の確認も忘れずに!

車両保険の金額の目安がコレ!

新車や中古で変わってくる保険代

車両保険の金額は、車両金額と年式などにより細かく設定されています。また、新車の場合には、車両本体以外にオプションや付属品などが含めることも。
それに対して数年が経過している中古車などでは、その価値に合わせた金額が設定されるようになっています。その価値に対して価格を設定することで、車両保険の金額が決まるということですね。

これだけ踏まえて「いる」「いらない」?

出典:pixabay

できるだけ安心した環境で運転をしたいのは誰でも同じでしょう。突然の自損事故となると目も当てられませんからね。だからといって車両保険もそれなりに費用が発生します。その費用を払う価値があるのかを踏まえ十分検討してみてください。因みにわたしの場合は、何度と車両保険に助けられている経験から、加入をおすすめします。