最近クルマがまっすぐ走っていないように……。なんだかハンドルが左右に取られる……。もしそう思うならクルマのアライメントの調整が必要かも。そこでクルマのホイールアライメントについて簡単に解説いたします。

「アライメント狂っているかも!」ってそれなに?

ホイールの取り付け角度や向きが「ホイールアライメント」

出典:pixabay

新車時には感じなかったクルマの直進安定性。しかし長年乗っていると、まっすぐ走らなくなっていることも少なくありません。クルマの直進性能には、サスペンションやブッシュ類、ボディの歪みやパワーステアリング回りなど、ありとあらゆる場所が影響します。そのなかでもクルマを支えるホイールやタイヤによる影響が大きく、直進性が悪くなった場合に疑ってみるべきポイントがホイールアライメント。

ホイールアライメントとは、クルマに取り付けたホイール(タイヤ)の角度のこと。その角度を調整することでまっすぐ走らせることができるのです。新車時ではそれらの狂いは少ないものの、走行続けるごとに路面の段差や車止めなどで少しづつ狂ってきてしまうのです。また、タイヤのインチアップや車高調整なども原因のひとつ。それらを本来の位置に戻す作業がホイールのアライメント調整になるのです。

アライメントがズレてると……

ハンドルのブレやブレーキングへの影響で危険なことも!

ホイールのアライメントがズレているといろいろな問題が発生します。まっすぐ走らないことはもちろん、ハンドルのブレやコーナリング時の違和感、ブレーキング時の挙動やタイヤの片減りなど多くの不具合につながります。

そのまま乗り続けると事故につながることもあり非常に危険。気になったらアライメント測定で正しい位置に調整する必要があるのです。

アライメント調整は大きく3か所の調整が必要

「トー角」に「キャンバー角」そして「キャスター角」

出典:pixabay

トー角とは?

ホイールのアライメント調整部は、大きく3か所にわかれます。ひとつが「トー角(トゥ)。トー角とは、クルマを上から見た時のタイヤの向き(角度)のこと。タイヤが前に絞られている状態をトーイン。逆に前が開いているのがトーアウトになります。人間に例えると内股がトーイン、ガニ股の状態をトーアウトということ。

車種により数値はさまざまですが、一般的にはフロントがゼロ角か多少トーイン、リアにおいてはゼロ角とされています。フロントの場合、トーインにすることで直進安定性が上がりシビアなハンドリングが楽しめます。またトーアウトにすれば操作性がよくなるなど、運転スタイルに合わせてセッティングできるのです。

キャンバー角とは?

キャンバー角とは、クルマを前方から見たときのタイヤの角度のこと。タイヤがハの字になっている場合がネガティブキャンバーとなり、その逆がポジティブキャンバー。通常は少しのネガキャンがスタンダード。これはコーナーを曲がるときにその遠心力でクルマが傾き、その際にタイヤと地面の設置が理想的になるため。

ポジキャンはハンドルを軽くすることができることから昔は適用されていたそうですが、最近ではあまりないとされています。

キャスター角とは?

キャスター角は、クルマを真横からみたときのキングピン軸の角度のこと。キャスターはクルマの前輪だけが持つ角度になります。バイクでいうところのフロントフォーク。この軸が後方に傾いていればプラスとなり、前方ならばマイナス。クルマの場合はプラスが基本になりますね。

キャスター角が大きいほど直進安定性が生まれる反面、小回りがきかなくなるなどのデメリットも。いずれも車種によって細かく定められているのでその数値内に合わせる必要があるのです。

プロによるアライメントテスターがGood

出典:pixabay

ホイールのアライメント調整はDIYでもトライは可能となりますが、ある程度クルマに精通している人でなければ難しい作業になります。ネットで調べてトライ…… なんて考えてると余計に酷くなることも……。

そのためホイールアライメントは、アライメントテスターを持つプロの業者にお任せするのがベター。テスターにもいろいろあるため、テスターのスペックや業者の経験を含め依頼先を見つけてみましょう。

ホイールアライメントで気を付けるべきポイント

アライメント調整のタイミングって? 摩耗のない状態が理想的

繊細なホイールアライメントだけに、できるだけタイヤが新しい状態で測定する必要があります。片減りを起こしていたり摩耗が激しい状態で測定しても正しい結果とはいえません。新たにタイヤ交換した際、再度測定が必要になってしまうことも……。

そのためにも、タイヤ交換と同時にアライメント測定するのがおすすめです。アライメント測定の費用を無駄にしないためにもタイヤ交換と同時がいいでしょう。

最近なんかおかしいなぁ…… そう思ったら測定を!!

出典:pixabay

ハンドルが左右に取らたり、走行中のブレや振動を感じたらアライメントが狂っているかも……。そんなときは専門ショップに相談を。数値に狂いがあれば必要箇所のみ調整を行えばOK。バシッと決まったときのよろこは何事にも代えがたいですからね。ハンドリングに違和感を感じたら、ぜひアライメント測定をしてみてくださいね。