ユピテルで人気の前後2カメラスタイルのドライブレコーダーの「DRY-TW」シリーズ。その最新モデルひとつが「DRY-TW8600d」。サブモデルの「DRY-TW7600d/p」以上にリアカメラに拘ったモデルなのです。

ワイドな前後2カメラドライブレコーダーならコレ

フルHDで200万画素☆10°の違いを見極める

出典:楽天市場【ユピテル DRY-TW8600d】

ユピテルの前後2カメラスタンダードタイプの最新モデルといえば「DRY-TW7600d/p」と「DRY-TW8600d」の2モデル。「DRY-TW7600d/p」のリアカメラを、さらに広角で高解像度にしたのがこちらの「DRY-TW8600d」になります。

対角で10°広角となになり、前後ともに対角160°の超広角撮影ができるところが最大のポイント。さらにリアカメラもフロントカメラ同様、フルHD(1080p)の200万画素にグレードアップ。リアカメラの取り付け制限で死角があるなら「DRY-TW8600d」のチョイスがいいのかも。

基本機能はサブモデル同様♡リアの視野角の違いのみ

後方記録に拘るならハイエンドモデルをセレクト

出典:楽天市場【ユピテル DRY-TW8600d】

基本性能は「DRY-TW7600d/p」とほぼ同じ。違いは後方カメラのスペックのみ。GPSを搭載しLED信号も対応済み。HDR搭載もしており黒つぶれや白とびも問題なし。人気の「アクティブセーフティ機能」も搭載しているため、「車線逸脱警告」や「発進遅れ警告」、「前方衝突警告」をビジュアルとサウンドで警告してくれますよ。

また、オプションの「電圧監視機能付電源ユニット(OP-VMU01)」を接続すれば、駐車中も一定時間の記録ができるのも◎。スタンダードなスタイルの前後2カメラタイプでありながら、160°の超広角レンズが魅力的。なんといってもレンズ部回転式のリアカメラはユピテルらしいところですね。

必要十分なスペックでリアの広角プラス

  • フロントカメラ 「水平約138°」「垂直約85°」「対角約160°」
  • フロント有効画素数 200万画素 フルHD(1080p)
  • リアカメラ「水平約138°」「垂直約85°」「対角約160°」
  • リア有効画素数 200万画素 フルHD(1080p)
  • モニター 2.0インチTFT液晶
  • GPS搭載
  • LED信号機対応
  • Gセンサー搭載(感度設定可能)
  • HDR搭載
  • 記録方式 「常時録画/イベント録画」(Gセンサー記録/ワンタッチ記録/手動記録)
  • 駐車監視(別売りオプション)
  • アクティブセーフティ機能
  • 16GB microSDHCカード付属

Yupiteru ユピテル

DRY-TW8600d

おすすめポイント

・超広角対角160°前後2カメラドラレコ
・アクティブセーフティ機能
・後方に拘るDRY-TW7600d/pの上位モデル

OP-VMU01 電圧監視機能付 電源直結ユニット

リアカメラに少しの意識♡スタンダードな気配りモデル

出典:楽天市場【ユピテル DRY-TW8600d】

スタンダードなスタイルの前後2カメラドライブレコーダーを探しているなら、ユピテルの「DRY-TW」シリーズもラインナップに上がってくるはず。リーズナブルに抑えたいなら「DRY-TW7600d/p」、後方記録に拘りたいなら「DRY-TW8600d」がおすすめです。車種や取り付け位置も踏まえチョイスしてみてくださいね。どちらも2020年の最新モデルですよ。